2004/08/11

ハングルに頭を悩まされた、初めての韓国旅行

2004/08/06
この韓国旅行は、初めての海外旅行です。

当初ニューヨークに行く筈だったのですが、友達が事故に巻き込まれてしまい…。私はこの日のために、事前に札幌駅前のアスティ45にある北海道パスポートセンターでパスポートも取得し、札幌駅にある札幌シネマフロンティアで今話題の朝鮮戦争を題材にした韓国映画「ブラザーフッド」も見て、心は準備万端という状態です。北朝鮮と韓国の違い?について、全然分からない状況の私ですが…。

仁川国際空港に降り立ち、まず匂いが違うと感じました…。その後、バスで移動。屋台など色々回りました。3日も経たないうちに私はホームシックになります。なぜなら、ハングルの意味が分からない上に、ソウルは大都会だからです。そして友達と一緒だから自由に行動できないという面もありましたが…。


私が今回初めてソウルに訪れて気づいたのは、ソウルという街は1つの都市として見るのではなく、二つの都市として見る方が良いのかも知れません。ということです。以下の地図をご覧ください。

地図の真ん中にある漢江(ハンガン)より北は旧地区です。ここの中心部は明洞(ミョンドン)ですが、いまだソウルの中心地区であり開発も続いております。

漢江(ハンガン)より南は高度経済成長期以来、開発が進んでいる新しい地区です。ここは数年後、旧地区の中心部である明洞を超えた韓国を代表する地区になると私は見ております。

そして、この南の中心部が江南(カンナム)です。この南の地区にある狎鴎亭(アックジョン)という表参道のような高級ブランドが軒を連ねたような場所も行ってみましたが、先進国という印象でした。

私は狎鴎亭(アックジョン)のCDショップで、朴容夏(パクヨンハ)さんのアルバムを購入してしまいました…。ハングル初心者の私には、なんとなく知っている人の歌を聞くのが一番です。

2004/8/11 Incheon → Narita → Chitose
今後、韓国語もっと理解していきたいと思っています。韓国の印象、それは、意外とても発展しているなという印象です。私は今まで世界は日本とアメリカとかしか思っていませんでした。(無知)
隣にこんな国があったのかと驚くと共に、視野がとても広がりました。とくに、表参道が好きな私にとっては、狎鴎亭のようなお洒落な場所は印象的で、明洞などと全く別世界という感じでした。

ちなみに話は逸れますが、

友人がどういう人なのかを知るためには、彼と一緒に一週間旅行してみればよい。
この諺(ことわざ)のような意味がやっと分かった気がします。友達と旅行に行く時は、是非、もう一度考えてみましょう!!(笑)

こんな記事もオススメです。
「ハイスクールデイズ、"北海道⇔東京"の往復の記録を公開」

「コリア語 (코리아어)」に戻る