2006/12/18

"フォルモサ" 中華民国、台湾をバスで縦断!(台北、台中、高雄)

機内では、隣に早稲田大学へ交換留学に来ている台湾人女性が座っていて、私たちは会話を楽しみました。私は今年、中国大陸に三回も行ったことなどを彼女に話して、私たちは連絡先も交換しました。飛行機が台湾へ着陸するとき、彼女は、”フォルモサへようこそ。”と言いました。

成田国際空港から台湾桃園国際空港に到着。私はこの2ヶ月ほど働き過ぎていました。1日12時間、週6日勤務で、パソコンの画面とずっと戦っており、ずっと夜勤で働いていたため、さすがに病んでいました。病む理由、それは昼間の太陽を浴びないこと。そして昼間に活動している方たちとお話をしていなかったこと、叔母の家にお世話になっていること…。などがあります。

でも、私は必ずワーキングホリデーに行って、英語を頑張る!!そんなつもりで、短期間、仕事だけをしてきました。でも、やっぱり、こんなに働いたら、ストレスが溜まって、リフレッシュのために旅行へ行きたくなってしまいますね!なので、12月のこの時期には、日本よりもうちょっと暖かい台湾へ小旅行!

真夜中に、台中のカラオケで暇をつぶす…。なんじゃ、こりゃ!というくらい広い部屋で一人きりの孤独な夜…。その後、高尾に到着し、高雄駅前のホテルに泊まったのですが、こじんまりとしたお部屋は忘れることができません。

(高雄市はこんな場所です)

台北に戻ってきて数日間過ごしました。フォルモサ(台湾)が沖縄の南に位置しているなんて、なんだか不思議でたまらないです。なぜなら私は沖縄が日本の最南端だと思っていたけれど、つい最近までは日本の最南端は、ここフォルモサ(台湾)の高雄市だったのですから、不思議ですよね。中国には今まで3回行きましたが、中国と雰囲気が全然違います。やはり中華民国と中華人民共和国は違いますね。

台北の地下鉄の改札を出たところの売店で、場所を聞こうと思って売店のおばさんに聞いたら、改札から出てくる若いお兄ちゃんを呼び出して、”この日本人の子を案内して!”みたいなことを言い出しました。そして、私はラッキーにも、その若いお兄ちゃんに案内してもらいました。こういうのって、日本ではまずありえないですよね?その後、セブンイレブンで一息。台湾のセブンイレブンって日本のセブンイレブンと雰囲気同じでビックリしました。