2007/08/09

トロントの地下鉄で黒人の集団にからまれる

日本人男性のルームメイトとトロントの地下鉄で、ビクトリアパーク駅に帰る途中の地下鉄で、黒人のグループ(男二人、女二人くらい)がいました。その時、私は思わず笑ってしまったのです。何に対して?とあなたは思うでしょう。黒人女性が日本のギャルのようなファッションスタイルだったからです。そして、男2人のうちの1人が私に近づいてきて、”なにかおかしいか?何笑ってんだよ!?”みたいに言ってきました。それで私はどうしようと思いながらも冷静に、彼女の格好が日本人ファッションのようで親近感が湧いたと言いました。


しかも日本人というと、いきなり態度が明るくなったのにもビックリ…。その後はビクトリアパークまで電車で一緒に…。

アジア人の割合が25%とかなり高いトロントでも日本人は珍しく、私は日本人というブランドに助けられました。それにしても、ニューヨークとは違い、トロントで黒人はマイノリティです。ニューヨークでは黒人がもっと堂々としていたのに、ここトロントではそんな感じはありません。やはり、その場所でのマイノリティとマジョリティは、差別の原因なのでしょうね。

ちなみに、トロントで走っている地下鉄の車体はこんな感じです。


こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

トロントという多民族都市で過ごした2カ月」に戻る

0 件のコメント: