2008/04/30

電子書籍として私のストーリーを出版する予定でしたが…

まず、電子書籍と携帯小説の違いはなんでしょうか?
電子書籍 → "electronic book"
ケータイ小説 → 携帯電話で購入して読むことができる小説。電子書籍の一部ですね。

私は、ミクシィに自分が高校時代に何をしたのかを小説風に書いていたところ、ある出版社から、”今流行りのケータイ小説として出版してみませんか?というお話に発展。私は高校時代、北海道と東京を10回以上も往復しており、その東京ではさまざまな出来事がありました。それは普通の高校生なら体験することができない、さまざまなことです。その内容までブログに書くつもりはありませんが、それが今の私を形成しているといってもおかしくはありません。

新宿のカフェで、その出版社の社長とその社長の友達?と会いました。なんと、大学生の女社長で私より2歳くらい年上の女性。そしてその友達の女性は、私が海外経験豊富なことを知った上で、”アメリカに住んでいるお医者さんと付き合ってるんだ!とか言いながら、私ともっと会話を弾ませるために、わざと自慢してきました。

その大学生の女社長の裏には出資者がいるのでしょうが・・。私が書いた何枚にも及ぶそのストーリーの校正作業をその会社の誰かがしてくれました。今回こうやって会うまではずっとメールのやりとりで、私が書いた事実に基づく私のストーリーの中で、禁句などを削除してもらったり、この文言は残すか?とかいろいろやり取りしていました。

ちなみに、英語で出版するという表現は、わざわざ、"publish" という動詞を使わなくてもいいのですよ!
"bring OR put out a book"
"本を出す" と "本を出版する" の違いとまさに同じです。

彼女のホームページをみる限り、彼女は偽善者(hypocrite)ではないようです。ホームページからみてわかったことは、彼女はフィリピンに服を送るボランティアもしているようでした。実際に売っているのかは別として、そのように行動をしている自体、尊敬に値しますね。

彼女のブログ…。
http://team-dol2s.cocolog-nifty.com



"She donates clothes to the Philippines."
あなたは、寄付などしたことがありますか?

"She collected used clothes and sent them to those in need."
それら必要としている人に。という表現です。

"I write a short essay under a pseudonym."
スードニムと読みます。ペンネームのような意味です。スペルは読みづらくみえますが、発音は意外と簡単なんです。

4/30日に契約締結・・♪

「マルチリンガールのブログ♪(日誌)」に戻る

0 件のコメント: