2008/06/10

蝋燭デモに巻き込まれた2回目の韓国旅行

成田国際空港から仁川国際空港に到着。

I was between jobs. (仕事と仕事の間でした。)

つまり、ある会社を辞めて次の仕事が始まるまで何日か時間があったので、あれからずっと行っていない韓国に旅行へ行くことに。あれからって、2004年の高校3年生に行ってからだから、3年くらい経ったのかな。

今回の韓国旅行は、ソウルだけではなくプサンにも行きました。インチョン空港に到着するなり、バスで釜山へ。特にプサンに行きたいという強い気持ちがあったわけではないのですが、釜山は一度も行ったことがないので…。一応韓国では第二の都市ともいわれているくらいだし・・・。

釜山では海産物を食べたりしたくらいで、一泊してからすぐにソウルに戻ってきました。ソウルに帰るときは韓国人自慢の韓国版新幹線KTXで…。そのKTXの中で隣に座っていた40代くらいの男性と英語で話していたら、うちの娘が日本語勉強しているから、今夜うちでごはん食べないか?とかいいいながら、その娘さんにKTXに乗っている最中電話していたのにはびっくり。結局ソウル駅に到着後、私はそのオファーを断りましたが・・。けれども、教養もあり良い方のように思えました。

その後、東大門のホステルに泊まったり、今回は色々とソウル中を動き回りました。ちなみに、私は上海のリニアモーターカーも乗ったことがありますが、日本の新幹線には一度も乗っていません。


この時期、韓国ではずっとデモ・・・。米国産牛肉輸入再開反対のデモです。国民全体が一致団結するとき、私もなんだかこの国の人たちと一緒になれている気がして楽しかったです。ソウルには光化門(グァンフアムン)という広場があり、そこの道路は車線も多く、ソウルのちょうど中心的な場所に位置するため、デモ参加者はそこにいっきに集まります。東京と違い、ソウルには光化門付近に、一直線で幅の広い道路があるため、人がとにかく集まられるようになっています。

もしかしたら、東京にはそんな場所はないかもしれない・・。

でも、反日イベントじゃなくて本当によかった…。

https://en.wikipedia.org/wiki/2008_US_beef_protest_in_South_Korea

ソウルはいろいろ回りましたが、中でも、ソウルの六本木ともいわれている梨泰院(イテウォン)のクラブで日本人の友達ができました。韓国人と結婚した30代くらいの姉さんと呼べる存在と、私と同年代の男性。

とても楽しかったです。なんでも、姉さんはその韓国人と結婚したはいいけど、うまくいっていない様子でした。だから、イテウォンで遊びまくり?(笑)

ちなみに、姉さんではないほうの日本人男性は現在韓国にワーキングホリデーできていて、日本語教師をしているそうです。それも、大学卒業じゃないし資格もないのに働けているそう・・。この国はなんでもありなんだな。って思いました・・・。(笑)

じゃ、私にもできるかなあ?って…。姉さんはとても世の中のことを知っているような感じでした。気遣いもエネルギーも半端なく・・・!

実際に約2年後、2010年10月から韓国ソウルで彼と同じようにワーキングホリデーで日本語教師になる。

「さよなら韓国。ソウルの貧乏生活を終え、次は上海へ」


写真は釜山の海雲台(ヘウンデ)という海沿いにある近代地区。釜山の湾岸はかなり開発が進んでいて、釜山から海を越えた日本の都市である福岡よりも都会かもしれません。

それから8年後の2016年。私は母を韓国に連れていきました。母にとっては初めての海外旅行で、私たちはソウルを旅行した後に済州島にフェリーで行きました。


http://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/2043647/political-scandal-unites-rival-koreas-they-vent-fury-under-fire

ちょうど、その時、8年前に米国産牛肉輸入再開反対デモ行われていた光化門で、朴槿恵大統領の辞任を求めるデモが行われている。

私が韓国に来るときは、いつもデモをやっているよ・・・。でも、済州島にいたので光化門で行われたそのデモに参加することができず少し寂しい気持ちも・・。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

2016年11月10日更新