2010/05/11

親友のキャサリンへ会いに、二度目のニューヨーク

2010/05/06 Arrived in NEW YORK
飛行機の中では大阪出身の65歳の女性とたくさん話しました。私はお年を召した方とお話しするのはとても好きです。そして、ジョン・F・ケネディ国際空港に到着。しかし、なかなか彼女たちに会うことができません。私は携帯電話もないし、公衆電話から電話をしても繋がらないし…。

(再現写真)

東京にいる間、私は事前に彼女たちにこのように伝えました。”私はターミナル3に到着するはずだから”しかし、ターミナル4に到着…。その上、入国審査で一時間以上、待たされることに…。なので、キャサリンとニッキーは1時間以上、私の連絡がないまま待つことに…。お疲れ様でした…。キャサリンと数年ぶりに会い、私たちはハグ。今日は、晴天でした。私たちは、このニューヨーク市からバスで6時間ほどの場所にあるオーバーンに向けて出発。運転手はニッキー。

ニッキーは少しふくよかな女性で、ポテトチップスを食べながら、おならをしていました…。キャサリンはその反対で、コーラよりはお茶を好んで飲んだり、体系がスレンダーだったりな感じです。

オーバーンに到着後、私たちはニッキーのボーイフレンドが働いているバーにいきまいた。そこで、チキンやフライドポテト、マッシュルームを食べたのです。そしてニッキーの家に戻りました。キャサリンは現在、ニッキーと一緒に暮しています。ニッキーの家には犬ちゃんやネコちゃんがいました。そして、私は疲れ果ててすぐに寝てしまいました…。

(オーバーンは、カナダ最大の都市トロントとニューヨークの間あたりにあります)

友人がどういう人なのかを知るためには、彼と一緒に一週間旅行してみればよい。
In order to know what kind of person our friend is, we have only to travel with him for a week.

2010/05/07 Auburn → NYC
目覚めた後、キャサリンは私に朝食を作ってくれました。とても平和な朝…。私たちは彼女の父方のおばあちゃんの家へ。4匹の犬がいました…。その後、キャサリンの弟にも会いました。そして、彼女のお父さんが経営するギターハウスにも。しかしお父さんはそこにいませんでした。私は、まるで北海道の田舎に帰ったかのような感覚に襲われました。

そして、私はニューヨーク市に行こうと、突然彼女に提案します。
She said "You are spontaneous" 突発的という意味です…。
私たちは、ニッキーとニッキーのボーイフレンドとみんなで明日、動物園に行く予定だったので、明日までオーバーンに滞在する予定でしたが、それを予定変更。すぐにバスでマンハッタンへ向かう。バスの中で私たちはオリガミを作りました。

オーバーンからシラキュースのバスの中で、アジア人は私だけ。マンハッタンに到着後、ハーレムにある日本人専用のホステルへ。そこには、二人の日本人男性と1人の日本人女性が泊まっていました。キャサリンと私は、初めてハーレムを徘徊。



その後、タイムズスクエアでのんびりしました。
ハーレムは、安全とはかけ離れている印象でした。もの凄い緊張感がありました。なぜなら、アジア系の私と白人のキャサリンは、ハーレムではとても浮いていたからです。周りは皆、黒人か南米系。Far from being safe! これは初めて歌舞伎町を歩いた時の感覚に似ています。


2010/05/08 Metropolitan Museum
メトロポリタン美術館に到着。朝は小雨が降っていました。でも、とても平和で…。メトロポリタン美術館は楽しかったです。オリガミをまた作ったり…。(笑)私たちはマンハッタンではない場所にある、それよりも大きいクイーンズ区にある中華街へ行きました。ここは案外、旅行者には知られていない場所です。ほとんどの旅行者はマンハッタンにある中華街が、ニューヨーク最大の中華街だと思っているそうですが…。台湾レストランで一息。


私は、これからアメリカでコスメトロジスト(Cosmetologist)になる予定なので、コスメトロジストの学校としてはとても評判が良い "ARROJO Cosmetology School" を見学。(外から見ただけでしたが…)
その後、近くにあったクリストファーストリートという同性同士の方たちが集まるタウンも徘徊しました。

2010/05/09 Bronx zoo
朝からとても寒かったです。コートを持ってくるべきでした。時差の関係でとても眠く…。しかも動物園には日本人がとても多く…。美しいクジャク?が印象的でした。


ワールドトレードセンター跡地から、自由の女神を眺める。(自由の女神はお台場にもあるので・・・あまり惹かれませんでしたので再現写真はなしです…)

ポート・オーソリティ・バスターミナルで、キャサリンとお別れ。その後、私が日本人のホステルに帰ろうとすると、細めで、少し裕福そうな白人のおじさんが、”あなたは日本人ですか?”と聞いてきました。その後、私に握手を求めてきたのです。どうやら、日本が相当好きらしいです。そして、コーヒーに誘われるが、もちろん拒否!ホステルに戻りすぐに睡眠。


2010/05/10 New York → Tokyo
確信しました。今ならまた夢を描くことができます。私は東京に居続けるべき人ではない。ニューヨークで暮らす。きっとうまくいくはずです。こればかりは、誰も将来は推測できない。そうでしょう?

2010/05/11 Arrived in Narita
西洋の国に滞在するたびに、私の人生観は変わっていきます。

以前のニューヨーク訪問はこちら。→「ニューヨークの地下鉄での思いがけない出会い」

「マルチリンガールのブログ♪(日誌)」に戻る