2010/07/30

韓国文化を知るための旅行。光州と大邱へ

"07/25 Narita→Incheon"

5回目の韓国では

①ソウルでメル友と会う
②大邱に泊まる
③光州に行く

というような旅行でした。


(写真は、光州市内の写真です)

なぜか、宇都宮市内でTOEICを受けた私はそのまま電車で成田空港へ!私は、中国も韓国もどちらも好きです。そして将来のことを考えれば、当然、中国でこれから活躍するべきでしょう。

でも、現実は違います。韓国は近い将来、中国の広東省と同じ規模のGDPになると言われており、韓国は中国の一部と考えるほうが普通だからです。とはいえども、私は中国よりも韓国に行きたいのです。それは何故でしょう?ちょうど良いサイズの国だからでしょうか?この5回目の韓国旅行は韓国と韓国文化を知るための旅行です。ただ、おいしいもの食べて、歩き回るような今までの旅行とは違います!!

まず、前からメールをしていたメルトモに会いました。

世界最大級の日韓交流サービス (KJCLUB - KJLAND)
こんなところで、日韓の若者は密かに交流しているのです…。

メルトモは男性でしたが、彼女もいて、私と言語交流をするためだけに会ってくれました。私の今回の旅行の目的を知っている彼にソウルにある図書館や伝統的な韓国料理店に連れていってもらいました。隣の席はほとんど日本人だったけれど…。座って食べるタイプの韓国料理屋さん、とても好きです…。

梨泰院の蒸気房(찜질방)に泊まりました。

ここは日本でいう健康ランドのような場所で、1000円以下で寝泊りできるのでオススメです。

風呂から出た後、米の入ったようなジュースを一緒に飲みました。韓国でも有名なジュースらしいですが、名前は不明…。

Working 12 hours in a day deprived me of my English time.
1日12時間も働いていたあの頃は、私の英語の学習時間を奪っていた・・。


(大邱の中心部)

今回の韓国旅行では、ずっと行ってみたかった南西最大の都市、光州と釜山の近くにある大邱という街にも行ってきました。この2つの都市は、日本人観光客でも行ったことがな人が多いのではないでしょうか?

光州なんかは、ソウルに比べて、ちょっと遅れているような田舎臭さを感じました。なんか、中国の地方都市みたいな感じ?これが、本当の韓国かもしれません。。(笑)大邱は、中心部に若者がたくさんいる場所があって、デパートなども充実していて札幌のような地方都市で結構ファッショナブルのようにも思えました。

"07/30 Incheon Ferry Terminal"

仁川から天津は釜山から大阪に行くよりもちょっと遠いかもしれない。もっと近いと思っていたのですが、黄海は結構広いのですね…。それにしても、韓国から中国へ行くフェリーの客質は…。

a large number of Japanese people are attracted by Korean entertainment.
→いつまで続くのでしょうか?(笑)