2010/08/31

Orianthi - Courage ft. Lacey 和訳


この歌は、マイケルジャクソンと親しかったともいわれている orianthi の曲です。
 
Take all my vicious words and turn them into something good.
Take all my preconceptions and let the truth be understood.
Take all my prized possessions.
Leave only what I need.
Take all my pieces of doubt and let me be what's underneath.

悪い言葉を言うのはやめて、それらを何かいいものに変えよう。
勝手に決めつけるのはやめて、本質を理解しよう。
大切な所有物を捨てて、本当に必要なものだけを残そう。
不安なんて取り除いて、自分らしくいようよ。

**
Courage is when you're afraid, but you keep on moving anyway.
Courage is when you're in pain, but you keep on living anyway.

勇気って恐れているときに現れるもの。でも、あなたはどうせ進み続けるんだから。
勇気ってつらいときに現れるもの。でも、あなたはどうせ生き続けるのだから。

We all have excuses why.
Living in fear something in us dies.
Like a bird with broken wings, it's not how high he flies, but the song he sings.

なぜ私たちは正当化するのか。
恐れの中で生きることは、私たちの何かををダメにするのに。
飛べなくなった鳥のように、自分の好きなことを続けることであって、高く飛べばいいってものじゃないの。

**
It's not how many times you've been knocked down.
It's how many times you get back up.

どのくらいくじけたかではないの。
あなたがどのくらい立ち上がったかなのよ。

Courage is when you've lost your way, but you find your strength anyway.
Courage is when you're afraid.
Courage is when it all seems grey.
Courage is when you make a change, and you keep on living anyway.
You keep on moving anyway.
You keep on giving anyway.
You keep on loving anyway.

勇気って、自分自身の道を失ったときに現れるもの。
でも、それによってあなた自身の強みを見つけて。
勇気って、目の前が真っ暗になったとき現れるもの。
勇気って、何かを変えたときに現れるもの。
とにかく生き続けて。
とにかく進み続けて。
とにかく愛し続けて。

onには続いていくというイメージがあります)

Writer(s): Jeff Andrea, Howard Benson, Kira Leyden
Copyright: Blissfield Adrian Music Publishing LLC, Emi Blackwood Music Inc., Sparky Dark Music




この曲は、仕事を変えるたびに何度も聴いたりしていました。そんなとき、サビの部分の、”勇気って、あなたが何かに恐れているとき現れるもの”という部分を聴いて、まさにその通りだと思っています。

つまり、何事にも恐れない人には勇気という言葉自体存在しないということ。

この歌詞のあなたは与え続けるでしょう。”っていうのは涙が出そうになります。なんでしょう?慈悲という言葉を思い浮かべてしまいます。

この歌詞を聴いていていつも思うことは、

慈悲など、人に無償で与え続けるクリスチャン的な考え方と、どれだけたくさんのものを得たりするかではなく、どれだけ何かを大切にするか。ということ。また大人になってもどれだけ過去に戻って子供の時に感じた忘れかけている本来の人間の心を維持するのか?ということを私は勝手に考えてしまいます。

2016年09月17日更新

0 件のコメント: