2011/08/11

"Don't do anything by halves" 大学には必ず行きます

"Don't do anything by halves"

もう中途半端にはしない。

今まで仕事をたくさん変えてきたり、色々引越ししたりしたけど、20歳から英語だけは続けてきました。これを諦めるつもりはない。周りからなんと言われようと、私は自分を信じます。大学に入るために、わざわざ南京の生活を捨てて戻ってきたのだから・・。

そもそも私は2009年の秋にお試し感覚で日本大学の英文科に通信課程として入りました。当時上海に移住を企んでいて、上海に教材を持っていきましたが、全然手を付けず・・・。

そんな私は中国と日本の行き来をして、南京で日本語教師になる。

南京での生活は本当に快適だったし、もしあの学校でもうちょっと経験を積んでいたら・・?と思ったりもするけれど、私はそれよりも、きちんと大学を卒業して、正々堂々とワーキングビザで日本語教師になるべきだと判断。何よりも、南京では私が学術的に後れをとっていると強く感じた。

そして、今は職業訓練校で10万円を毎月支援してもらいながら、学校でも貿易を勉強しながら、韓国の大学に入るために、韓国語の勉強を頑張っています。


私がなぜ大学卒業にこだわるかと言えば、大学を卒業しないとほとんどの国ではワーキングビザがおりないからです。大学卒業証明書が必要なのです。

そして、今まで続けてきた英語をきちんとモノにするために、学校で勉強したい。高校生の時全然勉強してこなかったし、大学ではきちんと勉強したいと思っています。

"I pledged myself to graduate from university"

pledge = formally promise 誓約(せいやく)する

0 件のコメント: