2011/08/25

ホムンクルス(小人)が頭の中から人間を操縦するイメージ

職業訓練校で学んだことのうちの1つに、小人が頭の中から人間を操縦するイメージ。というのがありました。

私たちは仮面を選んで生まれてくることはできない。

私はこの言葉をできるだけ忘れないようにしないといけないと自分に言い聞かせています。

というのも、何か自己啓発系の本を読むときには、こういうことを思い出したりするのですが、普段、日常の慌ただしい毎日の中でつい忘れてしまいがちなのです。

私が持っている顔、髪の毛、体、声、それらすべて、私はもちろん好きです。ですが、それが別に選んで生まれきたのではないということです。

あるとき、すごく外見的に魅力的な人を見つけたとします。男性でも、女性でも構いません。その人を電車で見つけたとします。あなたは意識をして一瞬目がそちらに向かってしまうかもしれません。

ですが、よく考えてください。本質は表面に現れません。そして、あなたが見ているその人は、別にその姿で生まれたくて生まれたのではないのです。外見的に自信がある人でさえ、その姿で生まれたいと思って生まれてきたわけではない。これは本当に面白いと思います。

外側のサイズや形などの先天的なものではなく、後天的に磨きをかけられる表情やスタイルを私は磨いていきたいと思います。そのためには普段からパソコンなど見ている時間なども、表情筋を鍛えたり、またプロポーションを保つためにもエクササイズも欠かさず続けていきたいと思っています。(笑)

ところで、記事の内容が

ホムンクルス(小人)が頭の中から人間を操縦するイメージ というタイトルから脱線してしまいましたね。

要するに、私は自分の体を小人になって動かしたいのです。ホムンクルス(小人)




になって頭の中に入って、操縦するイメージ。物事を冷静に考えられるようになるかもしれません(笑)

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」


2016年02月07日更新

0 件のコメント: