2011/12/01

江南の考試院(コシウォン)に引っ越す

Get off to SEOUL. I put forward my departure date. In the beginning, I was about to come here in January. However, I couldn't help but come.

私がずっと憧れていた江南。ここは他の韓国の場所と比べて、全く別世界です。本当に違いすぎる。Sophisticated という言葉が似合う街。この英単語はどういう意味かというと、頭のいい人がたくさんいて、都会化されているような感じ。なので、もちろん明洞などの地区と比べても、韓国人の雰囲気も全然違います。(サムスンの本社があるせいかな…?)

普通にマンションを借りたら、私の財布と相談しても手が届かないくらいの家賃ですが、考試院(コシウォン)だと、狭い勉強部屋に、シャワーやトイレ、キッチンが共同ということなので、4万円以下で暮すことができました。こういう安く暮らせる考試院(コシウォン)みたいな場所って日本にないので、こういうところはとても韓国のいいところだと思います。

日本では多くの学生が一人暮らしをしていますが、ヨーロッパやアメリカ、中国ではルームシェアが主流で、韓国では考試院(コシウォン)が主流です。

それにしても、東京に行けば多くの日本人学生が一人暮らしをしていますが、これは本当にすごいことだと思います。親に仕送りをしてもらっているのか、それとも自分でアルバイトで生計を立てているのかは、人それぞれ事情も違うと思いますが、もしアルバイトなどで生計を立てて、両親にお金を借りないで一人暮らししながら大学に通ってたら尊敬してしまいますね…。

韓国ではアルバイトしても500円くらいなので、大学を卒業するまでは両親に面倒を見てもらうのが普通です。一方、日本はそうじゃない若者もたくさんいます。

(江南駅付近の大通りです)

ある意味、日本の銀座と比べられるのではないでしょうか。銀座のほうが高級感や歴史の重みはありますが・・・。私はこの江南駅付近にある考試院(コシウォン)に暮しながら、高麗大学校に入学する前に1ヶ月間、韓国語を猛勉強しました。そして、痩せすぎていた身体を改善するために、考試院(コシウォン)にあるお米をたくさん食べまくり(笑)特に、あまり栄養のことも考えず、結構大きめのキムチを購入して、考試院(コシウォン)で無料提供されている白米を食べまくり。毎日キッチンにたくさんのご飯を取りに行っていたので、目をつけられていたかもしれません。私の考試院(コシウォン)の近くにはたくさんの高層ビルが並んでいて、近くにある飲食店に近くで働いているサラリーマンがたくさんいました。

しかも、こういう高級な場所だけあって、日本のアサヒビール専門店のようなところもあってビックリ。

昼間は図書館に行って、韓国の受験生さんたちと机を並べて一緒にお勉強したり、約一ヶ月間のここでの生活は楽しかったです。考試院(コシウォン)は安いので、韓国滞在中いろいろな場所に住めるのがメリットです。

もし、韓国でコシウォンをお探しの場合は、
このページなんか参考になるかもしれません。韓国語で検索してTOPに表示されたので、信用できるサイトと言えそうです。
http://www.gosi1.net/

こんな記事もおすすめです。
「高麗大学校(韓国語学堂)に入学」

2015年10月16日更新

「マルチリンガールのブログ♪(日誌)」に戻る