2012/03/05

韓国ソウルで日本語の家庭教師。生徒さんに逃げられてしまう

ここでは私が韓国ソウルで家庭教師をしていたときのことを集約して書いています。

高麗大学校は、外国人言語留学生の私に一人のトウミ(チューター)を紹介してくださいました。
たまたま運が良かったのか、良心的な女性で、幼い頃、東京都の三鷹市に住んでいたこともあり、少しだけではあるが、日本語ができる女性でした。

도우미(トウミ)とは、留学生に色々な情報を教えてくれたり、付き添ってくれる人です。

彼女は私に以下のことを手伝ってくださいました。
①韓国語の学習のサポート(カフェで)
②日本語を学びたい学生の紹介(生活費を稼ぐため)

毎日違うカフェで待ち合わせをして、色々な相談に乗ってくれました。行ったカフェの数だけ、色々なことを思い出すことができます。

ソウルでは、3人の生徒がおりました。
①30代くらいの釜山出身の女性
②イミョンバクが昔住んでいた豪邸を改装してホテルにしているところに勤めている女性
③BMWを乗った日本人顔の20代の好青年。

옥수역(玉水駅)で、トウミと最後の会合…。トウミになってくださった敏智(ミンジ)にはとても感謝しています。


"You're done a lot for me!"

それでは、本題。その逃げた韓国人男子とはどんな人だった!?

彼とは4回くらい会いました。会社のオープンカーを乗り回すちょっと日本人っぽい顔立ちの若い男性。背は高く、少し色黒のさわやかな感じでした。

一回目私たちは江南のカフェで会いました。彼の日本語はもう十分というレベルでしたが、その細かい違いを修正してほしいということで今回私が韓国のウェブサイトに掲載した連絡先に、私の韓国人の女性友達を通して連絡をしてくれたのです。

(江南はメイン通りはきれいですが、路地に入ると新宿みたいにゴチャゴチャしています)

彼のお父さんは日本と関係のあるビジネスをしていて、確かゴルフ場関係だったかな?それで次期社長になるようなお話をしていました。まさか、授業料も払わずに去っていく生徒さんがいるとは想像もしていませんでしたが、彼は4回目?くらいから、もう会えないという事になり、実際に私が授業をさせてもらった形です。


ですが、私はイラッとしたり、なんとも思ったりしませんでした。素晴らしい経験と受け止め。

韓国人と接していく上で、私は何度もトラブルに巻き込まれています。

①東京大崎のルームシェアでの家賃関係
②三郷の韓国人が大家さんのルームシェアでの家賃関係
③ソウルのボムン駅周辺のコシウォンでの家賃関係
④ソウルノウォン駅のコシウォンでの家賃関係
⑤高麗大学の授業料でのトラブル

色々、痛い目に合っているというか、何度もこのように宣戦布告をしてきました。(笑)
日本ではあまりトラブルに巻き込まれませんが、韓国ではたくさんトラブルに巻き込まれるので、それもまた面白い経験だと思っています。そして、その国によって人々の考え方の平均も違ってくるので、それを知ったうえで接していくということを学んだように思います。

私は今後、家庭教師を続けたとしても、良心的に接したいと思います。

「コリア語の学習、また韓国滞在記と関連記事 (코리아어)」に戻る