2013/04/20

南アフリカの大学に編入計画

アンドラというアメリカ人の友達とカフェでまったり。フランスとスペインに挟まれた国家であるアンドラではないですからね!?→あ、そんなところに国家なんてあったの?と思われたアナタ…。そうなのです。私も今知りました!
彼女は白人も入っているハーフですが外見は黒人寄りで、私は彼女から多くの黒人の奴隷時代の歴史について学んだりしています。そして、今通っている韓国の大学は、もう少しで2学期を終えるので、その単位を使い他の国に編入できないかな?と思い候補地がいくつか浮かび上がりました。

インド
南アフリカ
ガーナ(あまり現実的ではない)

でも、インドの場合、外国の大学からの編入を認めていない大学がほとんどであり厳しい現状・・。
私は、今後の人格形成にもアフリカで長期滞在をしてみたいという願望があります。それは、地理的にも人種的にもとても離れている人たちと生活することで、自分のものの見方を変えるきっかけにしたかったからです。ですが、総合判断すると、やはりアフリカへの編入は現実的ではありませんでした。

「マルチリンガールのブログ♪(日誌)」に戻る