2013/06/10

公共の場で鏡を見ることが普通の国、それが韓国

私が日本では決してできないこと。それは、知らない人がたくさんいる中で堂々と自分の顔を鏡を通して見つめること。たとえば新宿の地下街にはたくさんの鏡がありますが、誰も立ちどまって自分の顔を見たりはしません。 公共の場においてある鏡を堂々とみること。これはなぜか日本ではタブーのようなのです。そして、もちろんなぜか私も抵抗があります。ですが、私は韓国の仁川国際空港に降りった瞬間から、公共の場で鏡を堂々とみることができるようになります。私は北海道で生まれ育った生粋の日本人。もちろん韓国人や中国人ではない。なので、余計になぜ韓国ではこの日本でできない動作ができるようになるのか不思議でならないのです。

おそらくですが、それは大多数の人が普通にやっていることをその社会に溶け込んだ瞬間、普通のことと思えてくるのだと思います。これは外国語を話した途端、自分の性格が変わっていくように感じるのと同じかもしれません。韓国語の場合、日本語と語順が似ているとか、使っている漢字語が一緒とかで、あまり外国語のようには感じず話せるのですが、英語や中国語になってくると、話した瞬間、アメリカ人の平均・中国人の平均になりきろうとする自分がいます。なりきろうというよりも、勝手にそのようになってしまいます。

化粧室の中では!?
もちろん日本でも、トイレの中の鏡はみることができますよ?なぜなら理由があるし、みながそうしているから。でも、鏡をみて自分の顔を見つめながら歯を磨いている人をみると、なんだかおかしく見えてしまいます。ですが、韓国ではそれをみてもおかしいと思ったりしません。私が化粧室で洗面台の前に立っていると、真顔でずっと歯を磨きながら自分の顔を見つけている人がいました。それは歯ながら歯を磨いているというよりも、自分の顔をずっと真顔で見つめがら、そのついでに歯を磨いているような感じです。そこは会社の化粧室だったので、お昼休みになると毎日…。そして、私は思ったのです。そんなに自分の顔が好きなの?いや、誰だって自分の顔が好きであるのは当然・・・と思いながら、異様な違和感を覚えたのです。


日本ではこのように、鏡を見つめながらその鏡に映る自分をずっと見ている人をみると、なぜ?と思ってしまいます。ある意味、この考え方はなくすべきです。もちろん私はそういう場面に合っても気にしないようにしているのですが、なぜ?という疑問はいつもつきます。

韓国では全然感じないのに…。とても不思議な感覚。韓国では公共の場で鏡を見るのは当たり前。たとえば地下鉄とかのエスカレーターやデパートのエスカレーターに鏡ってありますよね?あのずっと見ているような人がたくさんいるのが韓国です。

スマートフォンの動画撮影機能で自分の顔をずっと見たり、バスの中で友達と動画を撮りながら後ろに座っている人まで撮影してしまい迷惑をかけたり、エレベーターの鏡でずっと自分の顔を見たり。と、とにかく韓国にはあらゆるところに鏡が置いてあります。日本と比べるとそれは比較できないほどです。

鏡をたくさんみるというのは中国にいたときは感じませんでした。日本では鏡をみる行為がタブーとされているのか、それとも韓国がやはり整形大国と言われるように外見を気にしすぎるあまり、鏡をたくさん配置しているのか、私にはこの真相はまだわかりません。

私は自分の意見がどう思われているのか、そして、どういう意見があるのか探るために、3000人以上いるフェイスブックの友達とこのブログの記事を共有!

私のフェイスブックには海外に在住の日本人の方が大勢いらっしゃいます。その中からいくつか抜粋させていただきます。私が知らない人の方が多いです…。

台湾在住の日本人女性より
台湾の同世代の女の子も、スマホとか鏡とか窓で見ている人います。あとやっぱり日本人よりselfieが多いなって思いますね。

日本在住の日本人男性より
普段はあまり鏡があっても気にしないですね。
朝洗面所で見る程度です。
それは僕がお客様に直接接する機会がない部門だからかもと思っています。

さすがにお客様と接する直前や、何かのタイミングでも、鏡があれば身だしなみをチェックしますから。
後は昔、デートする前とかはチェックでしたね(*^-^)
韓国の方は常に人目を気にしている、あるいは自分が他人の外観を気にする性格なんでしょうか?

オランダ在住の日本人女性(結婚してオランダへ)より
オランダでは洋服屋さんでは鏡を見る方多いですよ!公共の場の鏡は少ないかもしれません。オシャレを楽しんでいる方も多いですが、化粧室で見るかお店で見るのが多いと思います。

日本在住の男性の個人事業主より
鏡をよく見る人と言うのは一般的にナルシストと言うイメージがありますよね!
逆に言えば他人にどう見られているか、自分はどう見えているか、どうしたらよく見られるかを確認する意味ともとれるはずです。そう言う事を考えると朝、顔色や髪型など少しでも見た目を気にするものです。しかし、街中でしょっちゅう鏡を見るのは、どうかと思いますね!

ロシア通の日本人男性より
ロシアでは、やたらおめかしすますが、鏡が多いと感じたことは、ありませんです

よく欧州に旅行に行く日本在住の日本女性より
ヨーロッパによく行きますが、韓国の方、自撮棒持ってまるでモデルさんの撮影会のようにポージング、表情もいろいろ変えて撮影してる場面によく出くわしますね。男女ともに撮りまくり‥って感じです。ご自分に自信があり、アピールしたいのかなぁと思います。私は個人的には外見ばかり気にしても‥と思いますし、そのような撮影姿が傍目にあまり美しいものではないので、自分ではしません。日本人は外見にばかりこだわるより中身を充実させるべき、という考え方があるからでしょうか?韓国では外見も大切な人間性の一部なのかもしれませんね。
中身の充実を追求する日本人と、外に向けて発信する韓国人の違いが出るように思います。

新宿在住のアカ姐さんより
外出先で公の場に鏡があれば、チラッと覗いて見る程度には自分を意識しますけど、まじまじというのはなかなかないですね。いつまでも自分とにらめっこしてるとナルシストに思われるからか(笑)
「ボロは着ても心は錦」のように、日本では外見より中身重視の思想が色濃く、外見に捕らわれるのを良しとしない傾向にあるように思えます。

タイ在住の沖縄人より
私はタイで生活していますが、タイ人も日本人より鏡見るの好きだし、自撮り好きな人が多いと思います。日本人は他国民に比べると、やはりシャイなのかも知れませんね。

シンガポール在住の日本人より
日本人以外のアジア人は暇さえあれば鏡で自分を見まくっている気がします、シンガポールからです。人によるのかもしれませんが。
セルフィ大好き+名刺の写真も綺麗にいっぱい修正かけた写真を使っていますよ。

アメリカ育ちの日本在住の会社経営者から
中国は 窃盗が多いからふつうにないw

日本在住の男性から
東南アジア、中国、韓国にFacebook友達やLINE友達(中国はWeChat)友達が沢山居ますが、特に女の子はプロフィールの写真を頻繁に変えています。特に東南アジアの人はLINEのプロフィールの履歴はものすごいですね。それに自分の写真を送ってくるのも好きみたい。多分、人に注目されたいのだと思います。

日本在住の男性から
例えば、近年のミスコリアの候補がほとんど同じ顔!だったりするように、整形が当たり前のように行われる国ですから、外見重視でとにかくチェック、ってことじゃないでしょうか。

ドイツに在住の日本人女性から
ナルシストと思われたくないー!って考えるから、私も日本では鏡を人前で使いたくても抵抗があります、、人目を気にするのが一番の原因かも。今ドイツで暮らしてますが服屋なんかで決めポーズしてる人はよく見かけますし、誰も気にしない。
私自身ももっと堂々と振る舞えるから鏡を人前で覗く事に抵抗がありません。
日本特有の人目を気にする文化、他の人に失礼と思われたくないから使いたくても使わない女性は多いんじゃないかなぁとも思います。

多くの方のコメントをいただいて感じたのは、私が確信しているのは私も鏡を公共の場で見たい!韓国にい私が素の私だったという事です。家ではもちろん鏡を見ます。ですが日本にいるときは外では相手に迷惑をかけないが先にでてしまい、行動が控えめになります。でも、そういうところが日本のいいところでもあるので、そういう自分を日本では楽しみたいと思います。

0 件のコメント: