2013/08/08

日本に残る?それともインド?

最近、会う人の多くがインドに行ったことがあると口をそろえて言います。なぜ?引き寄せ?なぜ、インターナショナルな人たちほど、インドが好きなのか。それとも、これはそれとも「インドに行け!」ということなのか。インドはどんな感じでしたか?と、尋ねてみると、すごく良かったとか、一度行ったら帰りたくなくなるという人もいれば、もう行きたくないっていう人もいます。
(これらの国々は親日が多いので、新しい世界を切り開くためにも積極的に行ってみたいです。)

もともと韓国の大学に入学する前から、学費の出費を減らすためにインドの大学に2年生くらいから編入する計画を立てていました。韓国にあと3年勉強しながら、夏休みと冬休み日本に帰ったりするより、インドの大学で残り3年、日本に戻らず、そのまま勉強をするほうが絶対に将来的にもお得+良い経験になる。そして、日本で体験できないようなインド文化に触れて、日本に帰国する…。なんて素敵なんでしょう。インドに行ったことがないので、イメージでしか語れませんが…。それが、絶対に後のことを考えても良いと思っています。

インドは動物を大切にするというイメージのある国で、牛や犬などの動物が普通に道路にいたり、完璧じゃないけれど、ここは世界の中で最も動物の人権が守られている国なのかなと思いました。
(ただのイメージです。)韓国に長々といるよりは、日本と全く違う国で自分を鍛えるのもいいかなと…。

(動物との共存社会を築いているインド)

そのメリットとは、欲しいものがすぐに手に入らない国。ここでの意味は、日本のように便利すぎない国という意味です。そんな国で暮らすことは、沢山つらい思いもするだろうけど、それが、忘れられない思い出になり、勇気になり、強さに変わる。はずだ。と思うのです。

インドという宗教大国で、沢山の宗教を学ぶことができれば、それは将来の自分の考え方にも強い影響を与えると感じています。ところで、インドの多くの大学は、編入学を認めていない。ということを知る…。結局、現実となると思っていたインドへの大学編入は断念。でも、将来、必ず旅行で行くつもりです。今はそのために日々、いろいろ頑張ろうと思います。

「マルチリンガールのブログ♪(日誌)」に戻る