2013/09/26

NCC綜合英語学院の面接に合格したが、辞退

私はあのカリスマ教師を輩出している良心経営で有名なNCC綜合英語学院の面接2回を突破しました。ですが、最終的に私の決断で採用オファーをお見送りすることにしました。

現在、26歳の私。3年ほど前から、このNCC綜合英語学院で、30歳になったら、ここで働くのだ!と思っていたのですが、現実的に私は辞退することに決めたのです。

なぜ、オファーを辞退したのか。

それは、自分で英語教師をしたいと強く思ったからです。面接のときも、この学院の先生方、そして採用担当の方とお話をしましたが、それはもう素敵な方ばかりでした。特に採用担当の女性の方は、表情や話し方など、とても柔らかく、私も将来このような女性になりたいと思ったほどです。

この2回ほど受けた面接は、一生忘れられない思い出となりそうです。


他にもたくさんの英語学校がある中で、なぜ私がNCC綜合英語学院の面接を受けたのか。

私はこの面接を受ける前に何度もインターネットで情報収集しました。私が学んできて感じたやり方と同じメソッドがこの学校にはあり、そして納得がいくまで授業が受けられるという両親経営、そしてやる気のある生徒さんたちの力に少しでもなりたいと思ったからです。

なので、英語学校といえば、NCC綜合英語学院しか考えていませんでした。それは韓国に留学中のときからずっと思っていたことです。

他の大手英語学校のようにネイティブの会話授業をただ受けるのではなく、NCC綜合英語学院のように生徒一人一人に苦労して英語をマスターした日本人英語教師の細かいケアが行くような学校はここしかないと思ったんです。

英語が上手になりたいなら、どうすればいい?それはネイティブスピーカーとただ話すことではありません。それは実践したいときにネイティブスピーカーと話せばいいと私も思っています。もっと大事なことは、どのようにモチベーションを維持するかとか、英語で苦労する様々な違いについてとか、語源・発音をベースにした英語の本質を理解すること、普段頭の中を巡っている日本語から英語に直訳するにはどうしたらいいのか。など同じ日本人同士にしかわからないことを、プロの日本人英語教師に学ぶことです。

それを伝授してもらった人は1年で、普通の人が5年かかる英語の作業を終わらせることができると私は思っています。その点でも、このNCC綜合英語学院で教師として働くことは、とてもハードですが、意義のある時間を過ごすことができるのではないかと思ったのです。

ですが、私は現在このようなブログを運営していることからも分かるように、自分で英語教師をすることにしました。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「ABOUT MULTILINGIRL♪」に戻る