2014/07/29

by phone / on the phone / over the phone の違い

私は今まで "on the phone" を当たり前のように使っていました。もちろん、これはもっとも一般的に使われる言い回しです。

I was talking with my friend ON the phone.

ですが、前置詞の整理をしているときにふと、ある壁にぶち当たってしまいました。

それは、"by phone" "over the phone" という言い回しもあるということです。そして、当然ですが、どれでも同じニュアンスというわけではありません。

私が知る限り、このような違いをきちんと説明できる人はいないので、覚えておくととっても自慢できる英語ネタになるかもしれません!


そもそも電話の意味は1つだけではない。考えたらよく分かること。
まず、"phone" という単語を考えてみてください。日本語で言えば電話でしょう。ですが、電話とは何かとまずは考えなければなりません。その電話の物体、つまり電話機なのか、電話というシステムのことを言っているのか。

残念ながら、日本語も英語も同じようです。

①電話機
②電話(システムという方法を用いて電話をする)

どちらとも、”電話”または、"phone"と考えているからです。

日本語の辞書を見ても、英語の辞書を見ても、これらの単語には2つの意味があると明記されています。

もしこの世の中に電話というもの、考え方すら存在しないとします。そうした場合、遠くにいる人とどんな方法で話しますか?
これが方法です。つまり、電話機というシステムを開発して、電話機というものを使うという手段。
実は、方法と手段の違いを説明できる人はあまり多くないように思います。
ほとんどの辞書で同じように扱われているからです。
でも、こちらの辞書を見ると、
生産過程の説明で、この違いを区別する方法が書かれています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/105692/m0u/
これがきちんと理解できると、

前置詞の "by" と "on" は、もうあなたのもの同然です。

これは、ある意味、教会という単語のようなものです。
教会という団体がある一方、教会という物理的な建物がある。日本語や英語では、"教会" または、 "church" という単語だけを使っていますが、中国語の場合は、

①建物→教堂(建物のこと)
②団体→教会(たとえば、オーソドックス教会→これは建物のことではなく団体のことです)
のように区別しているんです。

それはさておき、


On the phone
Over the phone には "the" がつきます。これはその電話。という意味ですから、電話機のことを表しています。

ちなみに、"talk over phone" のように、冠詞をつけないだけで、電話について話すという意味になってしまいます。

Over the phone と同様に、"over the radio" ともいえます。なぜか、これは船などで使用する無線機のことです。"over the phone / radio" にすると、向こうで電話をとっている人とというイメージになります。どちらも "on" よりは一般的ではありません。そして無線機からもわかるように、テクニカルなイメージがあります。

"at the phone" という言い方も昔ありましたが、今は廃れました。それは黒い電話機のように、電話の前で話しているイメージだからです。今は携帯電話の時代ですね。

そして、
"by phone" という形にするときは、電話というシステムという手段を使って話すという事なので、冠詞は入りません。多くの場合、"by" の次に来る者には冠詞が入らないのはそういう理由です。

この違いを英語できちんと理解したい方は、こちらをご覧ください。
http://forum.wordreference.com/threads/by-over-on-the-phone.48417/

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

「マルチリンガール♪と一緒に英文法を学習しましょう★」に戻る

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こんにちは!丁度over the phone, by phoneの違いを探していたところ、
このサイトを知りました!
目から鱗のご説明に感謝します!

From Yuriko