多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

千単位以上の数字の読み方(英語)

(こんなところでブログを書きたいです…)

2016年ってなんて読むんだろうって考えたことありませんか?この場合、
2016 → twenty sixteen 20 + 16 と読みます。

たとえば、1600 と読みたいとき、 1 thousand / six hundred と言おうか、sixteen hundred といおうか迷うと思います。

私も、どっちにしようかしら?って迷っていた時があって、何度も英語圏のサイトで探しまくった結果、以下のURLを見つけ出しました。

http://english.stackexchange.com/questions/145767/is-it-improper-english-to-read-the-number-1100-as-eleven-hundred

このサイトの英文を軽く、私なりに訳してみると、

1000と9999の間の数字を英語で読むとき、 "hundred" という単語が使用されるのは適切ですか? たとえば、1100を指すときに "eleven hundred" と言うのは間違っていますか?

この質問に対して、

eleven hundred
OR
one thousand, one hundred.

というスッキリした回答がありました。

はい、つまり、どちらでもいいのです。

また、以下のURLでヤフー質問コーナーを見てみると、
https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20121108113031AAE8f2H

"1200"のような数字は、英語では通常、"twelve hundred" というふうに読みますか?
という質問に対して、

あなたがいる場所によりますね。 イギリスでは、"one thousand two hundred" と言っていましたが、アメリカでは、"twelve hundred" というみたいだよ。

イギリス読みとアメリカ読みの違いだけということです!

日本語のように、日本だけで使う言葉ではない英語は、地域によっても多少のばらつきがあるようですね。

追記
メンティーさんとのレッスン時に、数字の読み方が分からないという問題を解決することになりました。



これを読むと、もっと明確になったような気がします。数字の読み方、結構複雑ですね。けれども、ネイティブってあまりそういうのは気にしていないのかも?とこの記事を作っていて思いました。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

2017年04月18日更新
千単位以上の数字の読み方(英語) 千単位以上の数字の読み方(英語) Reviewed by よこいりょうこ on 7月 25, 2014 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.