2014/08/15

with a pen / in pen / by pen の明確な違い

ペンで書くて下さい!

おそらく多くの日本人の方がこれを翻訳してくださいと言われると、
"by a pen" とか、"by pen" とか答えるでしょう。

①Please write with a pen.
Please write in pen.
③Please write in a pen.
一体どれ!?おそらく前置詞をきちんと勉強しなかったかたは、自信を持って答えられないはずです。
(For your reference)

(契約書などは、ペン、つまりインクで書きます。)

日本語には英語のような1つのペンという概念がありません。1つのペンで書いてください!と言っている人をみたことがありますか?そういう考えがもともとないので、言葉にもしないのです。これが日本語と英語の明確な違いだということを誤認識ください。日本人はペンならペン。としか考えていません。

ですが、英語圏の人たちは違います。


①"WITH a pen"
②"IN pen"

でも、なぜ2つあるの?と誰もが思うでしょう。もちろん明確な理由があります。前置詞はイメージでつかみとるという風にいろんな本が出ていますが、すべてを1つのイメージだけでまとめてしまうと危険な場合もあります。確かに1つのイメージで全てを理解することは不可能ではないはずですが、イメージしづらいものもあるので、こういう部分はこのように比較して覚えていかなければ頭に定着しないものです。

簡単に①と②を説明すると、
①は、物理的にその1つのペンで書くというイメージです。(なので指とペンが一緒というイメージ)
②は、インクなのか鉛筆なのかという意味です。つまり、契約書に鉛筆ではサインしませんよね?TOEICテストのマークシートはペン(インク)では塗りつぶさないですよね?どちらかなのかが問われます。つまり、~の形式の中で書くという意味です。

"in the form of"

形式という言葉が英語で理解できれば、なぜこの前置詞が "in" なのかもわかるようになります。


じゃ、"by pen" でもいいんじゃないの?
"by" の場合は、どういう方法で書くかということなので、冠詞はつかず、"by pen" となりますが、英語サイトで検索した結果、これはおかしく聞こえるようです。文法上では間違っていませんが、誰も使っていないようです。ですが、手で書くのように、"by hand" は普通に使われている言葉だそうです。(For your reference)

もう一度、①と②の違いをここで理解してください。
①with a pen = 1つのペンで。通常書くときって2本のペンを持たないですよね?1つのペンと一緒に、つまり指とペンが絡むのですから、一緒に持っているイメージになります。

②in pen の場合、
"in the form of" という概念です。フォームという単語はシェイプという単語と違い、物理的な形ではない形式や形態という意味も含みます。
その反対語として、 "in a pencil" が使われます。強調するために、冠詞を取り消し線で消しました。 "in" の場合は冠詞が使われないという事をきちんと覚えてほしいです。

"in pen" というのは、つまり "in ink" と同じ意味なんです。書いたら消えないもので書くということを強調するために使われます。

(マークシートは鉛筆で書く場合が多いですよね?鉛筆という形式で書くというのが "in pencil"

こちらは、この記事に関連したおまけの記事です。
「シャープペンシルを英語で言える人が意外と少ない」

0 件のコメント: