2014/09/04

3つの違う意味がある abuse



私自身、abuse を使う場面がないので、こんがらがってしまうことが多々あります。そんな状態ですので、みなさんとこの記事を共有したいと思います。

まず、 abuse の語源は、ab=away + use=use

離れる+使う。ということは、本来の使い方から離れるという意味が一番納得できると思います。


(罪もない子供たちが、教育がおろそかにされている地域で、その両親から abuse されることもあります)


①使いすぎること。(ネガティブな意味で)=乱用
高校3年生のとき、東京で知り合った同年代のお友達が、あるものを乱用しすぎて、連絡が途切れてしまったということがありました。

ちなみに、濫用とも書きますが、こちらは常用漢字ではない為、今は乱用で統一されているようです。

②ある人・動物などを不公平、残酷、暴力的に扱う事。特に性的。(映画でよく見る虐待。)

実際に、私はそういう場面に遭遇したことがないので、口からこの単語が出てきづらいです。ですが、以前韓国映画のハンディキャップを背負った方々が暮らしている施設で、こういうアビュースがあったということは記憶に残っています。許せることではありませんね。

また、ヨーロッパよりも、動物愛護などの基準が低い日本では動物のアビュースもいまだに行われているのが現状です。

つまり、人を扱う。=使う。というのを、離れて使う=間違った扱い方をするということでしょう。

All the children had been physically and emotionally abused.
全ての子供たちが肉体的にも精神的にもアビュースされた。

トガニ~幼き瞳の告発~という映画です。

こちらの写真は、以下のURLからのものです。http://gree.jp/takahashi_miki/blog/entry/649155037


➂間違った方向に、知識・権力などを使う事。

これも、本来の使い方から離れているということで、通じますね。

abused her position as principal by giving jobs to her friends.
校長であるということをうまく利用して、友達に仕事をあげた。

職権利用はよくありませんね・・・。

以下参照。
http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/abuse_1?q=abuse

すべてはネガティヴな意味になります。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

2016年02月07日更新

0 件のコメント: