2014/09/30

船?血管!? ship / boat / vessel 意味の違いと語源

①ship ship に、boat を積むことができます。
②boat→ boat で、 ship を積むことはできません。
③vessel → ship / boat などの乗り物の意味です。


http://www.theguardian.com/notesandqueries/query/0,,-197783,00.html


つまり、submarine (潜水艦) のような大きいものは、ship に分類されます。

http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/american_english/submarine_1?q=submarine

ですが、以下のウィキペディアの記述では、

https://en.wikipedia.org/wiki/Submarine

naval tradition において潜水艦は、そのサイズの面でボートに分類されると言われています。
そのため、ドイツ語では、Unterseeboot と訳されているようです。

https://de.wikipedia.org/wiki/U-Boot  

特に、多くの人は、 ship / boat の違いは分かっていても、じゃ、 vessel は?ということではないでしょうか?

そもそも、vessel とは、花瓶を表す vase (花瓶) と同じように、水などを入れる器のようなイメージ。つまり container (容器) の意味ですね。これは古フランス語から来ているようです。




①Blood vessel = 血管
②Lymphatic vessel = リンパ管

つまり、 vessel とは海上で何かを運搬する総称といえるでしょう。こういう基本を押さえておけば、何も恐れることなく、自信を持って、使うことが出来ると思います。

ちなみに、日本語で言うと・・・

船→小型にも大型にも使える漢字。
舶→大型にしか使えない漢字。
なので、船舶というと、小型から大型までの船の総称だそうです。

ちなみに、 ship sip (チビチビ飲む) と、発音を間違えないでくださいね(笑)

ちなみに①②③の中で、 vessel だけ、OXFORD3000単語外ですが、古フランス語から来ているというところもあり、フォーマル色が強い単語であり、血管なども表現できるので、是非、容器という意味があることを覚えておいてくださいね!



白血球 = White blood cell
赤血球 = Red blood cell

イメージは、血管という容器に入っている白血球と赤血球。

船の種類から、ここまでイメージをつなげられていけたら、いいですね!

こんな記事もオススメです。

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: