2014/10/25

ネイティブスピーカーでも難しい belief / faith の区別・意味の違い

これが私の新年なの!!あ、間違った。信念でした。(笑)日本語は本当に難しいというか、漢字がわからないと理解できない言語ですね。

信じるに、念ずるという言葉で信念ですが、

あなたには何か信念がありますか?

奇術(マジック)を信じますか?このように使うのが、 "believe"  です。"unbelievable"アンビリーバブルという単語も一度は聞いたことがあると思います。信じることができないという意味ですね。存在を信じるという事にも使えます。

ちなみに私はこの記事を作成するまでは、奇術なんていう日本語を知りませんでした…。記述なら知っているのですが…。

この場合は、 "faith" が使えません。同じ信じるという意味を表す、"belief" "faith" でも、これら2つの単語はニュアンスが違うのです。


"belief" は、 "believe" の名詞化されたもの。信じるっていうものの名詞です。
①I believe you
②I believe in you. 

この違いもここで覚えてしまいましょう!

"faith" 宗教色が強いです。全てではありませんが、宗教がらみが多いと考えればいいでしょう。この単語は、日本人にとって発音のしづらい、"f""th" が入っていますので、 "Siri" ちゃんで発音の練習を重ねることをおすすめします。

そして、"faith" とは、こんなイメージです。

一方、宗教がらみ以外でも、使うことができます。
I have great faith in you—I know you'll do well.
私があなたをそれを上手くやってくれると信じている…。(達成できていない望みなどに使えることができます。)

この時、おそらく非ネイティブスピーカーは "believe" を使うと思いますが、こういう場合には、"faith" が使えるので、 "faith" が宗教だけの意味で使えるとは限らないという事です。

このように英語圏のサイトでも沢山議論されています。
これら2つは、OXFORD3000単語ですが、非ネイティブスピーカーの中では、なかなか、"faith" のほうを使いこなせていない人が多いのが事実です。
https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20101230190620AARtIDI

"face"と発音が似ているので注意!!!!

国際音声記号をみてもおわかりのとおり、最後の "S" と、"TH" が違うだけで、それ以外は同じです。
①face [feɪs]
②faith [feɪθ]

ちなみに、 "face" の方にはこれだけ同じパターンがあります。
01. ace [eɪs]
02. base [beɪs]
03. case [keɪs]
04. chase [tʃeɪs]
05. face [feɪs]
06. lace [leɪs]
07. pace [peɪs]
08. race [reɪs]
09. vase [veɪs]

"θ=th" の発音がきちんとできないと、ちょっと区別するのが難しくなるかもしれません。マスターすることをおすすめします。

じゃ、私がベジタリアンになった理由は?
と聞かれたら、宗教的な理由ではないので、これが、私のビリーフです!!と言えるわけです!なので、日本人はあまり "faith" を使うことが多くないのではないでしょうか。西洋の世界では、宗教に入っていない人のほうが少ないので、"faith" と言う言葉が、日常生活にあふれているわけです。

"grace", "faith",  "should" というように、宗教に強くかかわっている単語は英語の中にはたくさんあるのです。それはやはり、聖書の影響なのは間違いないでしょう。

まとめ
①believe / belief などは、ただ単に信じるという意味。
②have faith in / faith は、宗教色の強い、神を信じる。というとても強い信念という風に覚えてください。ちなみに、神の存在を信じるは、①になります。宗教を信じるということは人生の柱となるものを信じるという事です。それだけに、これを人などに使った場合、

After the trial, his family said they had lost all faith in the judicial system.
裁判の後、彼の家族は、司法制度の信頼を失った。

このように、当たり前、そして当然信頼するべきだと思われていたものに失望した時にも使えます。


0 件のコメント: