2014/10/15

コナミスポーツクラブ武蔵小杉の男性スタッフと英会話!?

コナミスポーツクラブの会員になりました。理由はお風呂に入りたいとか、土日くらいは、あの6畳しかない狭い部屋から出たい。というのが理由。せっかく中国語と英語が使える職場を手に入れたのだし、好循環になってきたのだから、土日を家で過ごすのはやめよう!という考えです。

コナミスポーツクラブの良いところは、東京都内にいくつもあるので、どこに行ってもお風呂に入れることです。これは銭湯に通うより安上がりでしょう。ほぼどこのターミナル駅に行ってもあります。しかも、私が大好きな露天風呂がある。しかも都心で露天風呂を楽しめるところといえば、一回の入浴だけでも2000円くらいかかるのが普通なので、毎日仕事帰りにラグジュアリーなスパでくつろぐことができればどんなに良いことだろう・・。と思いながら、一ヶ月1万3千円くらいするコナミスポーツクラブの会員になったのです。

仕事帰りはコナミスポーツクラブ武蔵小杉に寄り、土日は中目黒のドン・キホーテと併設しているコナミスポーツクラブ 目黒青葉台に行って贅沢な露天風呂を楽しんでいます。

私は仕事で中国語をずっと使っていたあまりか、自分でも不思議と思うくらいに日本語が出てこなくて、ちょっと記憶喪失になったかのような感覚でした。


会員になったばかりの頃、自分の筋肉の状態とかを検査するために、若い男性スタッフさんから私の筋肉や体脂肪、体重などのデータを基に、どうやって今後トレーニングしていったらいいのかの説明を受けてもらいました。私よりも若い?か同じくらい?の男性でした。

そして、色々話を聞いていて、私が何かを言おうとしたのですが…。なぜか私は日本語がでてこないと言ってしまう。なぜ!?私にも理由はわかりません。おそらく毎日仕事ばかりで、中国語に専念していたせい、もしくは、筋肉や体脂肪に関しての知識がなかったため、スタッフさんにどういう返事をしていいのかわからなかったためだと思いますが…。

そして、その人がとても真摯に説明をしてくださったので本当に感激というか、こんなに仕事に熱心になれるんだなとそれも感心と関心…。

話の流れで、私が外国にいたというと、あちらのスタッフの方もフロリダにいたということを教えてくれました。そして私は得意の英語で訊いてみたのです。

"SO which part of the states were you living?"

そうすると、そのフロリダに留学していたという男性は、かなり流暢な英語で話し出しました…。
その男性スタッフさんは、英語で話すのちょっと気まずくない?と私に言ってきたんですけど、私が英語で続けてとお願いしたんです…。

そうすると、え、ここで働いているのがもったいない!!というくらいの英語で話し出したのです。
私はあまりの驚きに脳がフル回転…。周りは一切見えず、とりあえず会話に集中!!

彼は英語が流暢なのになぜ英語関係の仕事をしないのかと疑問に思いました。でもジムで元気よく仕事をしていたのです。おそらく、夢があるのでしょう。夢がないと到底あんなに元気に接客はできない。英語が堪能でダラダラ英語関係の翻訳の仕事をしている人を何人もみてきましたが、彼はそんな感じではなく、英語はできるのに、なぜかジムでトレーナーとして頑張っています。

私は筋肉を計ったのですが、足に筋肉がないと言われ、足の筋トレをすることを勧められました。それ以来、足を意識しています。それで高尾山に始めていったりもしました。

英語で会話が始まって、私たちは一気に親近感。なぜでしょう。これは脳と関係があるような気がします。

たとえば、私が日本人とコリア語で話したりすると、かなり仲良くなってしまいます。中国語も同様に。

Talking in foreign languages get closer to each other 
外国語で話すことはお互いの距離を縮める。ですね!

違い国の言葉で意思疎通を図ろうとする行為。これはまさに人と人を繋げる行為なのではないでしょうか?それゆえ、私は外国語を学ぶのが好きなのかもしれません。最後にフロントの女性スタッフに、彼のことをほめてあげました。彼の英語はすごいですね・・・!って(笑)思えば、私はただ単に外国語で話しかけて、仲良くなりたかっただけなのかもしれません。
日付不確定

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: