2014/11/26

ハングルは日常で活用できる

誰にも見られたくない文章。私はよくそういう文章を書くことが多いので、秘密の暗号としてハングルを使用しています。たとえば中国に旅行中、自分の気持ちを電車の中で書いていた時、日本語で書くと漢字を理解できる中国人にはわかってしまうので、日本語の話し言葉をそのままハングルで表記して書いていました。

たとえば、私は今日上海に着いた。→와타시와 쿄우 샹하이니 추이타. わたしはきょうしゃんはいにちゅいた。のような感じです。後ですぐに読み返すことができるので、ハングルは便利です。

また仕事中とかにメモを取るとき、それが仕事には関係ない内容だった場合などはハングルで書いたりします。

こんな感じで…。ハングルを混ぜてみるんです。

ヤチン・ソウキン,しなきゃいけない。→야친 소우킨, 해야 돼.. のように…。誰も分からないし、メモすることで頭にあるやらなきゃならないことも視覚化できるので気に入っています。

例えばよく書くのがこれらの単語です。

理解→이해
意味→의미
国名→일본, 중국, 한구

これらのハングルは、漢字をそのままハングルに変換したものです。なので、同じ概念です。


この의미わからない。の”의미”とは、意味のことです。ただですらキャラクターが多い日本語なのに、ハングルも加わると、4キャラクターになりますね。

ひらがな、カタカナ、漢字、한굴

ハングルで漢字語が書けると、漢字を書くのが面倒になってきます。そして、人に見られたくないメモとかもハングルで書いたりします。(笑)ハングルは一週間で習得可能と言われていますから、始めてみてもいいかもしれませんね。

私が一番ハングルを使用するときは、仕事中です。ハングルで書けばたいていの人はわかりませんので…。素早くハングルで色々なアイディアをメモしたりしています。「アイデアが生まれやすい時間」

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

韓国語関連の記事→「コリア語 (코리아어)」