2014/11/17

スペイン語が話せる人にしか見えない世界観

"If you master Spanish Language these big cities are yours!!"

スペイン語。あまり日本ではメジャーな外国語とは言えませんが、アメリカなどでは第二外国語です。いや、外国語ではなく、第二公用語です。しかも、アメリカ合衆国以外の北アメリカ+南アメリカでは、英語よりもスペイン語が使用されています。
「現在のアメリカ州ではスペイン語を話す人の方が多い

以下はスペイン語が公用語となっている世界都市ランキングです。このランキングにロサンゼルスとニューヨークも含まれているには、ビックリされると思います。

メキシコシティ (約2030万人) (メキシコシティはリマやボゴダの二倍。)
メキシコシティって近代的にみえますね。もはやスペイン語はスペインよりも、メキシコのものと言っても過言ではありませんね。これだけの大都市を抱え、アメリカの隣に位置する国、メキシコ。今後の動向が楽しみです。スペイン語の発祥地であるスペインのマドリードの約3倍規模の大都市です。正直、マドリードは都市であり、大都市とは言えませんね。

メキシコの人種構成は以下です。
メスティーソ60%
インディオ25%

ブエノスアイレス (約1391万人)
ブエノスアイレスにはパリのシャンゼリゼ大通りのような広くて長い並木通りがあります。南米のパリでしたっけ?私はこのように大通りがきちんと整備されている大都市にとても惹かれます。東京にさえこんな広い並木通りってありませんよね?この写真には大通りはありませんが、グーグル画像で検索したらいろいろ出てきます。

ブエノスアイレスを中心とするアルゼンチンとは、簡単に言うとヨーロッパ国家です。なので南米らしさを楽しめない可能性もあります!?
ヨーロッパ系が85%
メスティーソおよびインディオなどが15%
ですが、近年の研究では実はアルゼンチン国民の56%に先住民の血が流れていることが明らかになっているそうです。(For your reference)

リマ (約966万人)
美しい海を見ると行きたくなってきます。結構人口の多い国なんですね。スペイン語を勉強するのに色々な国々を回ったら、結構ある程度話せるようになりそうですね。
ペルーとチリは地形が縦長ということでとても似ているので、どちらが南米の太平洋側の国家のうちの上側なのか下側なのかわからなくなります。ですが、よく南米の地図をみてみると、チリはペルーの三倍くらい縦長でした。
そして、このペルーの人種構成は、
メスティーソ45%
インディオ37%
ヨーロッパ系ペルー人15%
という複雑な構成です。


ボゴタ (約818万人)
こちらも治安が悪そう…。私がボゴタと聞くと治安が悪いというイメージしかありません…。なんだか、私にはラテンアメリカは本当に未知の世界です・・・。こういう写真をみて、どんなところなんだろう?と考えるだけでもドキドキワクワク、気分がとてもいいです。

それでは、コロンビアの人種構成は!?
メスティーソ58%
ヨーロッパ系20%
ムラートが14%

サンチアゴ (約624万人)
サンチアゴって、米国カリフォルニア州のサンディエゴとは違いますからね!?この街は山と、高層ビルが重なっていてロサンゼルスに見えます。(違う写真で)ちなみに、ここに写っている高層ビルはラテンアメリカで一番高いビルらしいです。やはり高い高層ビルが一棟あるだけでも、都市の知名度や存在感は変わってきますね。

チリの人種構成ってどんな感じ!?
白人52%
メスティーソ44%

マドリード (約618万人)
マドリードも近代的にみせるために、高層ビルを4塔も建設したんですね…。見え張らなくてもいいのに・・・。でもないよりはこれくらいニョキニョキと高層ビルが建っていた方が都市の景観レベルは上がりますね!スペイン語の発祥地なのに、他の国にスペイン語人口で追い抜かれて、本当にかわいそうなスペイン様・・(笑)それにしても、マドリードに興味がなかった私は高層ビル群を見た途端、ちょっと行ってみたくなってきました。

ロサンゼルス (約441万人)
ロサンゼルスっていいですよね…。ニューヨークと違って車がないと不便ですが、そういうゆったりした都市って私大好きです。サンフランシスコの方が日本の都市のように中心部がゴタゴタしていますが、ロサンゼルスは非常に整備されていて、車社会です。

ニューヨーク (約350万人)
ロサンゼルスにスペイン語話者が多いという事は知っていましたが、ニューヨークも半端ないですね!

ちなみに人種構成に関心のある私はブラジルの人種構成も調べてしまいました。
ブラジルは50%が黒人または黒人の混血。そして、47%が白人ということでした。(For your reference)


こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」