2014/11/01

ジェントルマン=紳士ではありませんよ?

日本語でも理解できるジェントルマン。でも、英語だと基本的にイメージが違います。

紳士の紳は、高官が用いる礼装用の太い帯の意味で、そのような礼装をした男性をイメージさせます。ですが、ジェントルは、どういう意味かご存知ですか?これはOXFORD3000単語でもありますが、結構使われていないように思います。あなたは、どんなジェントルマンを思い浮かべていましたか?笑

なぜ、このような記事を書いているかというと、多くの日本人にはカタカナ英語がたくさん眠っているのに、それを活用しない手はないからです!

"gentleman" をオクスフォード・アメリカン辞書によると、
"a man who is polite and well educated, who has excellent manners and always behaves well" という説明があります。
意味は、"礼儀正しく、教育を受けた、素敵なマナーと態度をもった男性。とあります。"

そして、私が強調したいのは、この単語を知っていれば、"GENTLE"というOXFORD3000単語を吸収できるということです!よく覚えておいてください。

"Gentle breeze" そよかぜ

"Gentle curve" 緩やかなカーブ
どっちとも、聞いていて居心地が良い単語ですね。

あなたの脳内に蓄積されている、ジェントルマンという言葉を使って、こんな二つの表現が作れてしまうのです。おそらく、あなたの頭の中にはたくさんの外来語が眠っているはずです。それを掘り起こしてみると、もっとボキャブラリーが増えるかもしれませんね。

是非、脳内に眠っているたくさんの単語をご活用ください!

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: