2014/12/26

食べるお肉はミート。じゃ、体のお肉は!?

"meat" →食べる肉
"flesh" →生きている肉

なぜ、こんな簡単なものが出てこないかと言えば、原因は、食べる肉も生きている人の肉も、日本語では肉としか言わないからです。ですが、英語では明確に区別しています。

"flesh" とグーグル画像を検索してみてください。あまりにも見せられる写真が存在しなかったので、このブログ記事では割愛します…。凄い肉がたくさん出てきます…。

もう1つ。どうして、"flesh" が頭に出てこないかと言うと、"fresh" というとてもよく似た単語が存在するからなんですよ?しかもどちらともOXFORD3000単語です。みなさんが知っているフレッシュは、おそらく"fresh"のほうだと思います。リフレッシュなどもこの新鮮なという概念ですね。

写真は新鮮な草・・・。

ですが、""fresh" の赤い部分を少し変えるだけで、私たちの体を構成する肉の意味になります。

そして、この肉を表す"flesh"は、動詞にすると結構便利な表現として使えるのですよ?
"You need to flesh out your argument with a few more examples."
あなたはあと少し例を議論の根拠に肉付けしなければらない。
このように、肉付けするという意味でも使えます。とても便利ですね。やはり、"fresh""flesh" が同じだと思っている人は多いと思います。

これは、豚肉のことを、"pork" そして、生きている動物のブタさんのことを "pig" というのと同じことです。

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: