2014/12/12

いまだ飢えや拷問に苦む北朝鮮人を憎むのは恥

私たちの国の首都である東京から、そう遠くない場所にある国があります。 

みなさんは第一にこう思うでしょう。 韓国??そして、次に中国??。 いや、もしかしたら順番は逆かもしれませんね。 そして、韓国(南朝鮮)の北に位置する北朝鮮という国は忘れられています。 なぜなら、それほど日本にとって重要ではない国だからです。国交もありません。ですが、そんな北朝鮮という国には、北海道の人口の4倍もの推定約2500万人が生活していると言われています。この数字が本当かというのは根拠がありませんが、一応ウィキペディアからの情報です。
(For your reference)



しかし、北朝鮮の内部情報はあまりにも統制されているため、なかなかその実態をつかむのは難しい状況です。

北朝鮮と聞いて、私たちの頭の中に残るものは果たして何でしょうか?

①拉致
②核開発
③北朝鮮の美女

などくらいですか?③はちょっと冗談が入っているにしても、実は韓国の男性の中では北朝鮮の女性はある意味で憧れの存在となっているそうです。まあ、それにしても北朝鮮と聞いて何か特別な感情を持ったりはしないでしょう。私はコリア語を学んだものとして、少しでもこの北朝鮮というベールに包まれた国家の謎を知っていきたいと思っています。そういう意味でもコリア語を学び続けるのは私にとって重要です。私が韓国の国立大学に留学していた時、北朝鮮の話をすると、私と同じ20代の若者は、あまり良い顔をしません。そして、北朝鮮に行きたいと私が言うと、もっと嫌な顔をします。それは、ある意味引き裂かれた国の人たちにしかわからない感情でしょう。ですが、積極的な韓国人は北朝鮮の話に付き合ってくれます。

私たちは、ただ与えられた情報を頭の中に蓄積しているに過ぎません。確かにほとんどのニュースは客観的事実に基づいていますが、そうでありながらも、少し違う観点から報道していたり、真実とは違っていたりすることも多々あります。そして、日々年間行事のように同じようなニュースが繰り返される中で、私たちはいつも忘れてしまいます。それは、まるで韓国や中国の一般の人たちと変わりません。

 ”韓国人が大嫌いだ!”最近はそんな風に言う日本人の若者も多くなりました。 でも、それは韓国国民が大嫌いなのですか?それとも、韓国という国の反日政策、または反日教育が嫌いなのですか?

そもそも、朝鮮半島は歴史上、何度も分断されてきました。そして日本の統治時代に南北がまとまったのは事実でしょう。そして、その日本の統治時代から解放されて誕生したのが今の朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国です。

日本の統治時代から解放されて新しい国を立ち上げるとき、国民を団結させるものとして反日精神が必要だったのは言うまでもありません。

(私は教育・医療・インフラなど多くの面で、朝鮮半島の日本統治時代を評価する面、それを過大評価するつもりもない立場ですが…)

こういう事情のもと、韓国人は小さい頃からたくさんの反日を植え付けられます。 北朝鮮も同じようなものでしょう。ですが、よく考えればわかることだと思いますが、子供のうちからそうやって植えつけられているだけです。子供たちに罪はありません。当然、子供から植えつけられた知識というものはなかなか消えないですし、それは人の人格に影響を及ぼす場合が多いと思います。ですが、私たちはそのような事実を知りながら、これらの国々と接していかなければならないと私は思っています。

話しは戻りますが、

ほとんどの方は北朝鮮に良い印象を持っていないでしょう。

アブダクト(拉致)する国家。

貧困な国家。

そして、今だ拷問などが行われている国。

この最後の拷問という言葉。この言葉の定義は、さまざまな肉体的苦痛を与え、自白を強制すること。とされています。(For your reference)

ちなみに話は少し脱線してしまいますが、拷問(ごうもん)と尋問(じんもん)は漢字が似ていますが、英語では、このように表します。

拷問"Torture"
尋問"Interrogation"

英語の "torture" は面白い使い方もできます。日本語では、こんな例文に拷問なんて言葉は使いませんが…。

He spent his life tortured by the memories of his childhood.
彼は彼のおそない時の記憶に苦しめられながら人生を過ごした。
(For your reference)

両国はこんなにも近いです。地図で見てみると、その差ははっきりしています。

南朝鮮はある程度発展したので、もうあまり心配することはありませんが、 みなさんもご存知の通り、北朝鮮では、飢えに苦しむ若者がたくさんいます。 そして、拷問を受けている多くの人民もいます。 罪のない子供たちがたくさん拷問などで苦しんでいるのです。 新潟市から北に秋田市まで。北朝鮮はこの経度に位置します。 北国にお住いの方はよくわかると思いますが、とにかく冬は厳しいですよね。 日本でも地震や噴火が起きたりするとき、改めて色々なことに気づきます。本当に恵まれていたんだって…。今の私には給料は少なくても、温かいお風呂に入れる。そしてエアコンをつけっぱなしで、一応、明日の心配はしなくても寝ることができる。

テレビのニュースでよく中東での紛争が話題になります。なぜなら、西側諸国にとって中東という場所は色々な意味で重要な場所だからです。ですが、北朝鮮の情報なんてほとんどありません。そうやって私たちは与えられたテレビの情報だけを頭に入れていきます。実際に、中東よりも何倍も近い隣国で色々なことが起こっているというのに…。

私には政治を動かす力はありませんが、他国に対する同情心は忘れないで、と私は自分に言いたかったです。そして、今後も

ロシア語
英語
中国語
コリア語
アラビア語
などを使って、

この北朝鮮という国の状況について、私はこのブログで取り上げていきたいと思っています。

ちなみに、私はこの記事を書きながら、日本で生まれたことに本当に感謝しています。もし、北朝鮮にうまれていたら、今のように海外旅行に行くことや、色々な仕事を経験することもできなかったので・・・。

ここで英語の勉強です。今回は仮定法を用いて私の気持ちを一文にしてみました。
If I were a North Korean, I couldn't have experienced a lot of things.

近い将来、北朝鮮に簡単に行けるように、なれればいいですね。私は北朝鮮、そしてロシア極東部のウラジオストクに気軽に行けるような日が来てくれたらと願っています。

こちらも記事もオススメです。
「直接80歳の韓国人に聞いた統治時代の真実」

「コリア語 (코리아어)」に戻る