2013/07/19

リスティング広告代理店の営業アシスタント

まず、この会社は外資系(韓国系)リスティング広告代理店でした。

リスティング広告とは、「GOOGLE」 「YAHOO JAPAN」で、何かを検索したとき、下の写真の赤枠にあるようなものです。

”英会話”というキーワードを検索してみました。ちなみに、右下にある「英会話。絶対に習得」という英語学校は、私が2回の面接を通過して、合格したけれども、辞退した学校です。「NCC綜合英語学院 というとても良心的な英語学校です。



黄色くハイライトされた Ads」がついているものは、すべてリスティング広告です。"英会話のGaba " はなんと、一番上にきていますね。これは、それだけ広告費に多くの資金を費やしているということです。私は、このリスティング広告の代理店で営業部のアシスタントとして短期間、働きました。

職場の雰囲気も含めて、勉強になることがたくさんありました。



西新宿駅から徒歩圏内の新し目のビル。忠南大学校の1年生が終った夏休みで、この時点で、1550円という時給は今までで最高でした。夏休みに、日本にある韓国の会社で働けるなんて私は本当にラッキーでした。とはいうのも、パソナの営業の方が、とても良心的な人で、登録に行った際、色々コンサルティングしてくださって、すぐにこの職場を見つけてくださったのです!私が現在、韓国の大学に行っていて、授業は英語で受けているなど、そんな話になると、そのコンサルティングをしてくださった女性のコーディネーターと仲良くなっていきました。

仕事内容
会社の営業スタッフが法人に営業する(電話をかけて、リスティング広告をやりませんか?と聞く)ときのために、各業界別の会社の電話番号リストを作成するというもの。

例えば、「婚活」と検索すると、たくさんのブライダル会社がでてきます。それらの会社の電話番号と住所をエクセルなどにどんどんコピペ。そんな感じのお仕事でした。とにかく効率的にやらなければならなかったのですが、私の使用していたパソコンの性能が悪く、とても遅く…。