2014/12/31

image, imaginary, imagination, imagine, じゃ、"imagery" は!?

映画とは誰かが想像したものを創造したもの

OXFORD3000単語には、似たような単語がこのように非常に多く存在します。それらをどのように整理して操っていくかっていうのは、他の単語を暗記していく作業よりも難しいといえます。

"image" イメージ
"imaginary"=架空の
"imagination"=想像力(imaginary power という風にしなくてもいいという意味です・・)
"imagine" =イメージする
⑤"imagery"=(OXFORD3000単語外ですが、Academic wordです)

こんなに似たような単語があるんです。

さて、ここで問題なのは、②と⑤が似ていることですね。

ご想像にお任せします。→これはよく使えそうですね!!
"I'll leave that to your imagination."

赤道なんかは、目に見えないので、イマジナリーラインと言えます。 "The equator = an imaginary line"

これは、まるで私のことを言っているのかな?(笑)
架空の人物 = "an imaginary person"  
最近、アニメの中だけの恋人とか流行っているそうですが、そういう場合にも使えますね。

①②③④は、よく使う言葉で、OXFORD3000単語ですが、少し形が似ているところが紛らわしいですね。"imagine"は動詞なので大丈夫ですが…。

私の友達のアメリカ人に尋ねたところ、"imagery" は頻出単語ではないとのことです。やはりOXFORD3000単語ではないので、そいういうことだったのですね。ですが、使い方くらいは覚えておきたいということで、こちらにメモしておきます。

"imagery"
If you listen to music, it can create "imagery" in your head if you imagine the scenario
心に像を描くこと。これが一番近い解釈かもしれません。

たとえば、私は音楽を聞いたりして歩いているときに、色々なことをイメージするのですが、そして形として頭の中に何かが思い浮かびます。それが、"imagery"でしょう。

0 件のコメント: