2015/01/20

ant / aunt の違い?アリ?それともオバサン?


さっき蟻(あり)さんが私のパソコンの上に乗っかっていました…。なのでこの記事を書く決意を!なぜなら私の頭の中で蟻(あり)さんを思い出すとき、かならず私の母のお姉さんも思い出すからです。

うん!?一体どういうことでしょうか?私の頭の中はどういう風になっているのか知りたいですか!?おそらく、ネイティブスピーカーも同じ頭を持っていると私は思っています。

そこで面白いイディオムがあります。蟻(あり)さん自体、OXFORD3000単語ではないので覚える必要はないと思っていますが、5歳の子供でも知っている蟻(あり)さんは英語で言えるべきだというのが私の考えです。でも、蟻(あり)さんなんて英語で使うことないと思ったあなた。

"She's got ants in her pants because she's going to a party tonight."
彼女は今夜パーティーに行くので、じっとしていられなかった。
(For your reference)

これは非常にユーモア溢れる言い方です。こんな簡単な単語を並べたような言い方は、誰でもできると思われがちですが、このようなユーモアあふれる言い方は実は、ネイティブではないとできない場合が多いです。自分の話す英語で相手が笑ってくれる。それだけで、人間同士のコミュニケーションって円滑に進むと私は思っています。笑いは世界共通ですからね!

そして、OXFORD3000単語であり、オバサンの意味を表す単語が、
aunt [ænt] です。蟻(あり)さんと叔母さんが同じ発音だという事を覚えるだけで私はOKだと思っています。なぜなら、英会話において、叔母さんと言いたいときは、

Mother’s sister.

でいいじゃないですか。そしてもっと具体的に言いたければ、

Mother’s elder sister.
Mother’s younger / little sister.

のように言えば、センテンスも長くなりますし、こちらの方がたくさんの単語を使用しているので、たくさん英語が話せると思われます。

まとめ。
"ant" [ænt] = 蟻(あり)さん
"aunt" [ænt] = 叔母さん(オバサン)

これらは同じ発音です。スペルだけ見て発音を判断してはいけません。そして、蟻(あり)さんを使って、じっとしていられなかったという表現が言えるようになりましょう。叔母さんという単語は蟻(あり)さんと同じ発音だという知識だけで十分です。その代り、お母さんの妹という英語を訳せるようにしましょう!

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: