2015/01/16

タオルとタワーって同じ発音だったの?意外な関連性…

タオル。誰もが知っているこの単語。問題はやはり発音のほうです。きちんとうまく発音できる人をあまり見たことがありません。やはり国際音声記号を読めるか、読めないかの問題です。

そして、日本人の方々は、"R" の発音は自信がないけど、"L"はできると思っています。ですが、"L"の発音は結構難しいのですよ?

①"towel" [ˈtaʊəl]

ここでちょっと豆知識、よく居酒屋に行く方は覚えておいてください。
御絞り(おしぼり)=ホット・タオル。簡単なようであまり口からでてこないのです。暗記です!
→この記号は、1セットになっており、

"WOW"って驚いたときと同じような発音です。ウァーウではなく、ウェァーオゥのような発音になります。タオルもタワーもアクセントが、"T"の部分にきているので、最後をきちんと"L"の発音でとめて完成させちゃってください!

私は、温泉街の旅館で働いていたときにオーストラリアからいらっしゃったお客様に、タオルのことをトウェルと言ってしまいました…。国際音声記号を知らなかったあの頃、私はカッコつけてスペル通りに読んでいました…。しかも私はそのオーストラリアからいらっしゃった男性同士のカップルらしき人に、"Please follow me" と言ってしまいました。彼らは、なぜ私たちがあんたについていかなければならないの!?みたいな態度でついてきました…。私は"Please wait a moment" と言って、英語がもっとできる人を連れてくるべきでしたが…。そもそもあの頃の私は、タオルっていう発音は日本語の発音だと思っていたんです。でも、タオルをそのまま英語の舌で発音すれば、大丈夫だったんですね…。

②"tower" [ˈtaʊər]

このタワー"tower" [ˈtaʊər]の発音は、実は、"towel" [ˈtaʊəl]によく似ています。の"L" を "R" に変えるだけです。なので、私の頭の中の発音辞書では、この二つは一緒の部屋に保管されています。

これから、トイレにこもったりするとき、"towel" [ˈtaʊəl]を見ながら、東京タワーでも思い出すようにしてください。このようなイメージトレーニングが正しい発音を瞬時に出せるよい練習になります。

"tower" [ˈtaʊər]と、"towel" [ˈtaʊəlの違いは、以下のようなものです。
"cancer" [ˈkænsər] と、"cancel" [ˈkænslも同じようなものです。

ちなみに、キャンセルは、"council" [ˈkaʊnsl] とも発音が似ていますのでご注意を。

動画をアップロード予定

「国際音声記号 "International Phonetic Alphabet"に戻る

0 件のコメント: