2015/01/23

なぜ、証券用語のグリーンシート銘柄とは、成長の意味?

証券に詳しくない方はご存知ではないと思いますが、グリーンシート銘柄とは証券用語で、証券取引所に上場はしていないが、今後成長が見込めるベンチャー企業の株式を扱った銘柄という意味です。

若い樹木が若葉を次々と芽吹きながら大きく成長していくように、ベンチャー企業が若々しくいきいきと活動・成長していくようにとの願いが込められている。

ですが、緑を意味するグリーンが、そのそも成長の意味を持っているのでしょうか?これはとても興味深い。

実は、成長の意味を表す、"grow" や、草の意味を表す "grass" は、そのそも緑を意味する "green" から派生した言葉です。なので、グリーンシートのような新しい用語を作成するとき、必ず語源に詳しい人が命名するのです。このようにして、もともと存在する単語を活用して新しい言葉が次々と作り出されてきます。人が作り出す名前には必ず意味があったりするので、こういうことを知る習慣をつけると、英語力は飛躍的に伸びていきます。まさに、グローするわけです。(笑)

ちなみに、"grass""glass" を間違わないでくださいね?これは発音ができないと混同してしまう可能性が大なので注意が必要です。このように似たような単語がたくさん存在するので、英語の発音、特に子音の発音は注意するべきでしょう。そもそもガラスと草は全然意味が違いますので…。聞き手は文脈ですぐにわかると思いますが…。

植物って本当に不思議ですよね。コンクリートまで突き破ってニョキニョキとでてくるのですから。(下の写真はコンクリートを突き破ってはいませんが・・・。ただの植物のイメージ写真です)

それにしても、コンクリートの下からどんどん成長していく草は本当にたくましい。そして、そこには強い力さえ感じます。


これで、今後、"grow" という単語を聞いたときに、緑を思い浮かべるようになるはずです。
これで、英文がもっと、カラフルに読めるようになります。"grow" と聞いたときには、緑がどんどん成長していくところを思い浮かべてください!これがネイティブ流のイメージ方法です緑がすくすく育つように、グローするのです。

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: