2015/01/27

"revert" リバートって何?これって、インド人英語から流通?

こんな単語、あんまり目にしませんよね?

私は船舶代理店で働き始めてから、初めてこの単語をこの意味として使用しているところを目にしました。

リバートのイメージはこんな感じです。

REVERT=REPLY
です。他の業界でも英語をたくさん使用していましたが、一度もみませんでした。そして、私はオンライン辞書を使って得意のインべスティゲートをはじめた。
どうやら、インド英語が世界の海運業界の英語に混じったような感じでしょうか?

RE+VERSUS=REVERT "TOKYO VS NYC"などで使われるバーサスです。(笑)ちなみに、私はいつも東京とニューヨークを比較してしまう癖がありますので例として使わせていただきました…。

"REVERT"という単語は、本来ラテン語で"turn back"を意味するものでした。つまり、"RE+VERSUS"で、再びターンバックする。

一度変わったけれども、また元の状態に戻るということです。

たとえば、私が今のベジタリアンから、また肉を食べたりして、元の状態に戻ったら、"I reverted to non-vegetarian." と言えます。

そして、一度メールを送って、そのターンバックは、返信ですよね?なので、"REPLY"と全く同じ意味で"REVERT"が、使えるというわけです。英語って、とっても合理的ですね。(笑)
ちなみにこの言葉はビジネス英語です!ベジタリアンの例で使用する場合も、フォーマルです!

私も、スッキリです!

こんな記事もオススメです。
「デマレージ (demurrage)? 英英辞書にもない上級単語」

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: