2015/01/10

リラックス効果が期待できるかもしれない"PURR"

みなさん、"PURR" という英単語を見たことのある方はいらっしゃいますか?おそらく、ほとんどの人は、こんなスペルみたことがない!と答えると思います。なぜなら、日本語に訳せないからかもしれませんが…。ゴロゴロと訳せるかもしれませんね…。でも、"PURR"もゴロゴロもどちらとも擬音語ですが、なんかイメージは違いますね...。私はよくグルグルしてるって言ってました…。この音って一体、どんな仕組みで出てくるのか気になりますよね…。

この、猫のゴロゴロの音である"PURR"が、リラックス効果があるかもしれないらしいです。(reference)



私は、このゴロゴロ音?英語で言えばプアサウンド。これは絶対リラックス効果があると思っています。これをリピートしながら眠れるか試してみたいものですね…。

私は上京するまでに北海道で暮らしていた時、または北海道にたまに帰国するときに、ニャンニャンと一緒に寝たりします。そしたら、このプアサウンドがしてきて、私の気分もとてもいいです。なぜなのでしょう?私は、自然とこの音をYOUTUBEで聴くだけでも、なんだか隣にニャンニャンがゴロゴロしているような感じがして、癒されます。

ちなみに、"PURR"の発音は、”PER”と同じです。”PER”OXFORD3000単語なので、わかる方も多いと思います。

Rooms cost $50 per person, per night.
部屋は、一人につき、一晩、50ドルかかります。
のように、~につき。という意味を表すことができます。

”PER”OXFORD3000単語なので、”PER”を思い出したときに、このニャンニャンのゴロゴロの音も思い出せるような英語脳ができあがっていたら、かなり英語が上達していると言えそうです。

PER、そしてPURRと同じ発音パターンは以下です。
fur [fər]、her [hər]、per [pər]、purr [pər]、sir [sər]
セットで覚えてしまいましょう♪♪

ちなみに、下の写真は私が高校三年生のときに生まれたキャッツです。
この記事を気に入った方は、こんな記事にも興味があるかもしれません。

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る

0 件のコメント: