2014/09/01

アイデアが生まれやすい時間

①仕事中

②シャワー時

③散歩中

一方、パソコンの画面と向き合っているときは何も思い浮かんでこないマルチリンガールです…。それは、パソコンの画面と向き合っていることによって、パソコンの画面にある視覚的な情報に支配されているためだと思われます。

①何といっても、私が一番、色々なアイデアが思い浮かぶ時は、仕事中です。そんなとき、サクっとメモに書いてしまいます。その際に、隣に座っている人によくわからないように、ハングルで書きます。ハングルで書くと、自分で見るときも、日本語で書いてある文章より読みにくいのですが、これなら周りを気にせずに書き留めることができます。なぜ、仕事中にたくさんのアイデアがポンポン思い浮かぶかといえば、おそらく時給が発生している時間だからかな?と思いました…。時給が発生している時間は、自分のお金が増えていっているという感覚があるので、次々に、これもやってみたい。とかポンポンとアイデアが浮かぶのではないでしょうか?「ハングルは日常で活用できる」

②シャワー時。これは一日の汚れをシャワーで流すと同時に、頭の中も必要な情報と必要ではない情報に分けているのかもしれません。シャワー時には、一日に学んだことで必要なものなどが頭の中をグルグル回っています。

③散歩中。特に海沿いとか、広い場所で、車などを気にせずに歩けるところ。多摩川や横浜駅から山下公園まで、私は何度も歩いていますが、こういう時間って凄く大切だし、生きていくうえで欠かせないものだと思います。体を動かしている時、色々アイデアが思い浮かんできますね。

もう一度言いますが、私の場合、パソコンの画面の前にいるときは、何も思い浮かんできません…。
私はマイケル・ジャクソン"Heal the World"という曲の歌詞になるこのフレーズが好きです。

"Create A World With No Fear Together We'll Cry Happy Tears"
恐れないで、私たちが一緒に幸せの涙を流せる世界を創造しよう。

一人ひとりに得意な分野があって、そのアイデアを形にしていく。それはとても素晴らしいことであり、一人ひとりが自信を持って自分の役割に気づき、創造し、形にし、提供し、助け合い…。そんな理想的な世界がきっとこの世の中のどこかにあると私は信じています。

アイデア。ひらめき。思いつき…。みんな、こうやって色々思い浮かぶのですが、ただ考えるのではなく、メモして、それを行動に移してみてはいかがでしょうか?多くの方が色々なアイデアを持っているのに、それを形にしていない方は、ちょっともったいない気がします…。