2015/02/21

夕日の沈む時間帯に、みなとみらいから山下公園まで歩く

私は最も優雅な時間をみつけました。それは、夕日の沈む時間帯にみなとみらいの方面から海沿いを何も考えずに歩くことです。

"sunrise" して、"sunset" する。

YouTubeで、"relax study" とか検索すると、"zen" とかいうリラックス系の音楽があるのですが、それを聴きながら、背筋を伸ばしながら歩くんです。特に土日は、家族連れやカップルが多く、みんなニコニコしています。私もニコニコしながら、爽快に歩きます。表情筋を鍛えると、とても健康に良いらしいです。行き交う人々に笑顔を振りまきながら私の散歩は更に優雅なものになる。



"Gentle breeze" = そよ風

"Tranquil time" = 平和な時間

"Calm" = 静か

"Peace" = 平和

"Mild" = 心


このような単語で私の頭の中は満たされます。こんな時間帯はもちろんフェイスブックなどを開かず、この優雅な時間を楽しんでいます。

こんな話を現在働いている銀行の職場のお姉さまたちにお話ししたら、”あんた、その年で何言ってんのよ!”と怒られました。つまり、この年でそんな良い時間の過ごし方を知っているなんて、生意気ね!と言いたかったのでしょう・・・。

仕事やパソコンの画面の世界から抜けて、横浜駅から広々としたみなとみらい21を通り抜ける。そして、そこで待っているのは夕日だ。山下公園に到着する頃には夕日が見えていて、夕日の木漏れ日などが地面に降り注ぐ。私はこうやって散歩をしながら、以前ワーホリで訪れていたトロントの湖を思い出すのでした。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: