新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「最上級表現」はエピソード記憶で覚える!あなたが小学生の時、クラスで一番頭の良かった人は誰でしたか?





この記事では、英語における最上級という表現を学ぶために、私がいくつか印象に残りやすい例文で、いくつか紹介したいと思います。

文法を覚えることは重要ですが、その文法を自分の過去の出来事にあてはめて、どのように頭の中に定着させるか?

ということが、

とっても重要なので、以下の内容はかなり頭に入っていくんじゃないか?と思いますよ(*´ω`*)

①あなたが小学生の時、クラスで一番頭の良かった人は誰でしたか?

みなさんの印象に残りやすいために写真は厳選しています。

彼女がアメリカ合衆国の大統領になれば、ある意味で一番頭の良い女性と言えるかもしれませんね。というより、かなりすごいことでしょう。

②この中で一番背が高く見えるのは、何色の服を着た男の子ですか?

これはタブレットを使用しての授業の写真のようです。みなさんタブレットに夢中になっている様子ですね。もう日本でもこんな授業が行われているのでしょうか?

やはり紙に書かないと覚えづらいと思っているのは、はたして私だけでしょうか…?

③日本で東京についで、大きな都市はどこですか?

このフレーズを外国人に説明できるようになれば、最上級の基本はクリアと言えます。
はじめて大阪に行ったとき、私はこのフレーズをそのときの日記に書き込みました。

④あなたが今までみた美しいものは何でしたか?

ニューヨーク市にあるエンパイア・ステートビルの展望台からみた景色。この展望台に1時間かけてたどりつくことができました。

そして、ここから見た景色は、人生の中で一番素晴らしいと思える景色でした。それは、大都会が大好きだった私だからこそ思った感覚です。


⑤ここで問題です。スカイツリーの開業日はいつでしたっけ?

2012年5月22日、日本で一番高い建造物であるスカイツリーが開業しました。まさかこの建造物を知らない人はいませんよね?

まず、このページでは最上級表現:「最も~」の表現を説明していきますが、文法の説明を書かずに写真だけ並べていきました。

まず、最上級とかそんな言葉自体はどうでもいいのです。義務教育で教わった時のことをただ思い出すだけですから。それよりも重要なのはイメージを先に持つことです。

なぜでしょう。それは、エピソード記憶を利用して、まずは自分自身の経験をもとに日本語で例文を作ってもらうためです。




なので、写真をたくさん掲載して、質問をしているわけです。

エピソード記憶で覚えようとする場合、なるべく幼児期の思い出で例文を作ると、エピソード記憶に反映されやすいので、小学生のころの記憶を思い出しながら、例文を作っていくことをおすすめします。

その理由は、幼児期に母国語である日本語をたくさん覚えたからだと私は考えています。

例文よりも写真を頭に焼き付けるようにしてみてください。そうすることで、このページを読み終わった後、歩いているとき、シャワーをしているときに、なんとなくこれらの写真が思い浮かんでくるはずです。そして、またわからなければこのページを見ればいいのです。ただそれだけです。

さて、写真だけ楽しんで終わりにしたい方はここより下を読まなくても大丈夫です。

ここからは、文法解説です。

Hilary Clinton is the smartest woman.
これは、世界中で一番スマートな女性というように聞こえます。"the" はこの世に一つだけという感覚だということを覚えておいてください。私が小学校のとき、一番頭がよかった人を思い出すとしたら、周平君という男の子です。小学生の時の記憶なので鮮明に思い出すことができます。

Hayato is the tallest (of three / of all.)
「どの中で一番なのか」を表すときは、"of" または "in" 、のどちらかしか使えません。この例文のように、この位置に "of" を加えるのはな[んだか慣れませんが、そういうときこそ暗記をしてしまってください。成長期の中学生のころ、私が思い出す限り、隼人君が一番背が高かったので、この例文を作ってみました。

私は以前、丸の内の会社で働いていた時、大勢の前でスピーチをしたのですが、驚いたことに、その会場で私が一番若かったので、私はスピーチの中に、このセンテンスを織り交ぜました。"the youngest like me....."

"of"は、なかなか頭から出てこないと思いますが、これは、"one of them"のとき使用されているの、「部分―全体」のイメージとなります。

Osaka is the second largest city in Japan.
最上級である"largest"の前に"the second"を加えることで、第二の~という表現が完成です。これはフレーズ自体を覚えてしまってください。そしたら応用が利きます。

This was the most beautiful sight I've ever seen.
この表現は、これまで見てきているという表現である、"I've ever seen."とのコラボレーションです。まずは、この文法を覚える前に、これまで見てきたもので、美しかったもの、感動したもの、などを思い出してください。

The Tokyo Skytree is the highest tower ever built.
こちらは、The Tokyo Skytree is the highest tower of towers which has ever been built. の略です。

ここで、あなたに質問します。これらの質問に答えてください。
①クラスで一番頭のよかった人は誰ですか?→__
②日本で第二の都市はどこですか?→__
③これまでで最高だったものを一つ思い出してください。→__
ここで、エクササイズ。”それは最高のアイデアですな。”を意味するのはどちらでしょう。
①That's the best idea.
②That's a good idea. 
これを答えられた人って多いのではないでしょうか?最上級の感覚が掴めると、"a""the" の疑問も解決できていきます。

こんな記事もオススメです。
「世界では常識?日常英会話の90%以上は、OXFORD 3000単語だけで十分な理由」
「20歳から英語の勉強を10年間も続けている理由と、そのメリット」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

「最上級表現」はエピソード記憶で覚える!あなたが小学生の時、クラスで一番頭の良かった人は誰でしたか? 「最上級表現」はエピソード記憶で覚える!あなたが小学生の時、クラスで一番頭の良かった人は誰でしたか? Reviewed by よこいりょうこ on 2月 14, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.