2015/03/05

英語のビジネスレベルと、ネイティブレベルの違いって何?

よく求人広告に載っている英語ビジネスレベルの人募集。

一体、ビジネスレベルってどういうことなのか。と考えたことはありませんか?

こういう求人広告で英語ができる人材を探すとき、会社によってその必須条件も違ってきます。
最近は、TOEIC高得点というのが薄れてきたような気がします。



ビジネス会話レベル→相手に英語でわかりやすく簡単に説明する力を持っているレベルのことです。これは日常会話でただ適当に英語を話してきた人には難しいレベルです。なぜなら、ビジネス会話レベル自体は知っている英単語数自体は少なくても大丈夫ですが、伝え方を強化しなければならないからです。そしてどの国の人たちとも意思疎通することができなければなりません。その職業によってどの単語を頻繁に使うかは違うでしょう。なので、ビジネス会話レベルは単語が多いとか少ないとかではなく、相手に失礼のない話し方で受け答えができるかということがポイントだと思います。

そしてネイティブスピーカーだからと言って、ビジネス会話レベルなのかというとそういうわけでもありません。日本人だって日本人のお客様と日本語で対応するとき、少し言い回しが変わったりしますよね?それと同じでネイティブスピーカーでもビジネス会話レベルを身に着けるにはトレーニングが必要です。ですが、これらはほとんどすぐに習得できます。なぜなら、言い回しを少し変えるだけなので。

ですが、ビジネス日本語と違ってビジネス英語はそれほど堅苦しくありません。なぜならグローバルで使われているからです。今やアメリカ人やイギリス人だけが使う言葉ではないため、日本とインドの間でも英語を使います。こういう関係において、別に英語を堅苦しく話す必要性がなくなってきます。日本もインドも英語が母国語ではないのですから。

日本人と日本人がビジネス日本語でやり取りをする場合、堅苦しくなるのは同じ民族同士のビジネスだからです。英語はグローバル言語。どんどん簡単になっていくのは、古めかしい使いまわしなどを捨てていくことで、どの国の人たちでもすぐに意思疎通ができるようになるためです。その分、意思疎通の速度が速まりますしね。意思伝達がスピーディーになると思います。最近のビジネスメールの書き方(イギリスで販売されているもの)などは、グローバル化に向けてイギリス独特の古めかしい表現などをもっと簡略化するべきだと主張する風潮が目立っています。



日常会話レベル→普段日常で使うような会話。これはOXFORD3000単語で大丈夫です。
旅行会話レベル→旅行に行くとき、外国人に話しかけるフレーズは限られています。道を尋ねたり、写真を撮ってと聞いてみたり、これは誰でもすぐに達成できるレベル。

そして、ネイティブレベルとは?
よく求人広告に書いてあるネイティブレベル。実はこれは、注意しなければなりません。求人広告を掲載している側が、英語ができない人の場合が多く、ただ適当にネイティブレベルと書いておけば、英語ができる人がやってくるだろう。と思っているだけの場合が多いです。また、ネイティブレベルと書けば、採用する側は英語のできる人だけを集められると思っているので、このように書く場合が多いように思います。以前の求人に比べて、最近はのTOEIC点数ではなく、実務経験や、面接での英会話テスト、英語で電話対応ができるレベルなど、もっと具体的に示すようになってきているように思います。

また、派遣会社や人材会社などのコンサルタントも英語ができない人が多いので(英語ができたら違う仕事をしていると思う)、TOEIC高得点でなければ、選考さえもされないというのが実情ですから、そういう意味で TOEIC取得するのもいいかもしれません。

以下の英会話本はアマゾンで1位でした。かなり評価が高い本なので、ビジネスで英語を使用する人にはバイブル的存在になるかもしれません。
以下の画像をクリックするとアマゾンの詳細ページでレビューなどがご覧になれます。



こんな記事もオススメです。
「日常英会話の90%以上は、OXFORD 3000単語」