2015/03/01

英検1級の面接に必要な表現

ここでは、私が知っているけれど、頻繁に使わないものだったり、積極的に使っていきたいものだけを取り上げています。

(強調表現)
よく使われるのが、"in fact", "indeed"です。これらの表現はスピーキング・ディスカッションのポイントが明確になること間違いなしです。

The point [thing] is~
The bottom line is that~
The fact is~ / The truth (of the matter) is~
The problem is that~
The biggest concern is~.

強調する、とは、英語でストレスと言います。


The reality is~
In fact [reality / actuality / effect]
As a matter of fact
Actually
It is clear [obvious / apparent / evident / self-evident] that~
Obviously / Clearly / Apparently
It is important to note that~ 
Most important (of all)
There is no denying that~(~は否定できない)
Top priority is~.(最優先事項は)
There is no question that~
There is no doubt in one's mind that~
Without doubt
Undoubtedly
It is no exaggeration to say that~
to say nothing of~ / not to mention / let alone / needless to say

このように見てみると、あまり使えていないものも多いです。特に青い部分。


推量に関する表現
It is (highly) likely [unlikely] that~ (おそらく真実でそれが起こるだろうということを示す)
There is a strong possibility that~●●●●●
~ is a remote possibility (~には程遠い)

青い部分はあまり使ったことがないので・・・。推量を意識して使えるようにしておきたいです。

まず、推量とは?水量とは違いますからね!?
推量とは、日本語の~だろう。のことを指します。

つまり、私は "will" で済ませていましたが、これを likely で考えればよいという事だけです。


私は、意味は確実にわかっていますが、話し言葉として"likely" を使ったことがあまりありません。でも、日本語でも使っているような身近な言葉にこれを使えることができます。

"a likely story" = ありそうな話!!
これは日常会話で多用できそうですね。こういうのを直訳してと言われたら、私は "possible story!?" と出てきてしまうかもしれません。(For your reference)

分類表現

分類= "classification "
分類のことを "categorization" だと思っていたのは、
"classify" と "categorize" の違いが分かっていない証拠です。(For your reference)


X is divided [classified / categorized / grouped ] into Y types [categories]
~is [goes] as follows

Firstly [First / In the first place / To begin with / First of all] ~ / Secondly~ / Finally

Last but not least (大事なことをひとつ言い残したが)→これは使ってみたい!!

A is polarized into either B or C. (BとCに二極分化される)

~ range from A to B (~はAからBまである)

青い部分はほとんど使ったことがない。分類を英会話で使ったことがないということですね。この辺はもうちょっと言えるようにならないといけません。

意見・感想
発言の内容を明確にし、さらに引き立たせるために大切な表現といえる。もっとも使われる表現の1つと言える。
It is reasonable to think [assume] that~ (と考えるのはもっともだ)
It is legitimate to say that~. (というのは妥当である)
The extreme argument of this is that~ (極論すると)
Interestingly / Ironically / It is ironic[ironical] that (面白いことに)
It is regrettable [a pity / shame] that~ (~は残念である)
It is interesting to note that~ (~は面白い)
The advantages of~ outweigh the disadvantages. (~の長所は短所に勝る)
Yes and No. Yes [No], in the sense that~ [どちらとも言えませんが、~の意味においては賛成[反対]です)


比較・対照に関する表現。
物事の良し悪しを比べることによって、もっと明確になります。
(When [As]) Compared with~
By [In] contrast / By comparison
Unlike before
In (sharp) contrast to~ / As opposed to~ (とは対照的に)
Apart from~. (Apart from a couple of spelling mistakes, this looks fine)
On one hand S+V, but on the other hand S+V.
A is different from [similar to] B in that~. (の点で異なる{似てる})

視点・状況判断表現
From the economic point of view.
[ethical, global, philosophical, historical etc.]
In light [view] of the situation / Considering [given] the situations
As far as ~ is concerned (~に関しては)

必然性の表現
Inevitably / It is inevitable that~
It is natural [no wonder / no surprising] that~ / Naturally~

自分表現の整理
As far as I'm concerned(私に関する限り)
In my observation(観察では)

逆説表現

私は会話の中で、”でも”を使用しないように気を付けている。ですが、スピーチなどではそうもいきません…。

代表的なものですが、案外、日本語で覚えがちなので整理。
"but"  (口語では文頭でもよく使われるが、書き言葉ではあまり文頭では使われない)
"however" (意外な、予想外の情報を付け加えたり、先ほど述べられたことと対照させる時に用いる) "but" よりいくぶん強い意味を持ち、やや堅い語。
"yet"
("but", "however"より対比の意が強い。「意外性」のある発言を導く、かなり改まった語)
"nevertheless"(前に述べた事柄や事実との対照や、それらに影響を受けないことを強調して、「それにもかかわらず」。"however"より意味が強い。
ここでちょっと休憩…。ちなみに、この写真はスイスとイタリアの間にある山脈だそうです・・。美しい!

But on the other hand.
But at the same time.
It is true that..., but~ / Indeed... but~ (なるほど…だが~である)
But the fact remains that~ (しかし実際は)
Contrary to popular notions (一般の認識に反して)

to [on] the contrary
"On the contrary, Koreans and Chinese was kind to me."

Otherwise / or else
at any rate / anyway / In any case
regardless of / irrespective of

青いところは、ほとんど口に出したことがありませんので、これから簡単に出せるようにアウトプットする。

どうして "Koreans" なの?
a Korean (一人の韓国人) Koreans (韓国人)
a Japanese(一人の日本人) Japanese (日本人)
a Chinese(一人の中国人) Chinese(中国人)

Korean and Japanese are very similar in some respects. コリア語と日本語
Japan and Korea are 日本と韓国
Japanese and Chinese is  この場合、"Japanese" だけで複数形なので・・・。

場合・状況表現
In this case / In the case of~
Under the circumstances(こういった状況の中で)
Depending on the situations~
In this connection(これと関連して)
~ is no exception (~は例外ではない)
In any case (いずれにしても) / At any rate / At this rate(この調子では) >At this rate, you will fail to pass the examination.

例を挙げる表現
Take ~ for example
A typical example of X is Y(Xの典型的な例はYである)
~is a case in point(~はまさにその例である)

一般論・一般認識表現
It is no longer the case with~ / ~ is still the case in~
Conventional wisdom holds that~ (古くからの常識では)
We are now in an age when~
That's how it has always been. (昔からそうである)

記憶・回想表現
If I remember correctly [rightly] / If my memory serves me correctly
In retrospect

要約表現
To put it simply [briefly] / To make a long story short
To sum up / in sum / In conclusion
Fundamentally / Essential (本質的に)
I have come to the conclusion that~ (という結論に達した)

そのほかの表現
Against the backdrop
It is high time that~ / The time is rip for ~ to V / Now is the time for ~ to V

時表現
In the process(その過程で、そのうち)
Eventually / Sooner or later
As the time goes by / In the course of time(やがて)
In the past / At present / In the future
For the present / for the moment / At this moment in time/ At this stage(現段階では) / At the moment
Since then / Ever since (それ以来)

逆因果関係

これで接続できるようにしましょう。
Thus, (このように)言及した事柄の結果を示すが、「このように・次のように」などの意味を持つので、因果関係は弱くなる。


Therefore, →先行するものの必然の結果を指すが、「結論」のほうを強調する
As a result,
Under the circumstances,(この状況下では)物事を言う前にある、まれな、難しい状況を示す
Since, (このような使い方を私はしたことがありませんので、使ってみようと思う。)
For this reason,
S+V on the ground(s) that S+V
For the above-mentioned reasons,
Consequently, (その結果)結果に対して妥協な根拠があることを示す。


Simply because, 
Partly because, 
Just because, 
Only because,

"as" いろいろな意味を持つので、直接的で明確な原因・理由を述べるときには向かない。
「~につれて」と「~なので」を同時に言い表したい文脈ではぴったり。

"since" は "because" より強くない。通常文頭すでに自明の理由を挙げる場合に好まれる

追加表現
物事を理解してもらうために、さらなる詳しい情報を伝える必要があります。

◆By the same token / similarly / in the same way(同様に)

◆Furthermore / Moreover / In addition / On top of that, what is more

The same thing applies to~ / This is the same as in~.

Specifically(具体的に言うと)

To make matters worse,

Incidentally,

Again (ここでも), 

特に、青い部分が口から出てくるようにしようと思います。

「英語の上達方法」に戻る

0 件のコメント: