2015/03/15

名古屋で妹の結婚式の後、鳥羽グランドホテルに宿泊

家族でホテルに泊まったのって、何年ぶりだろう…。それに今回は、甥っ子が二人もいます。私の兄の息子二人と兄の嫁さんと、兄と私の両親、合計7人で、鳥羽グランドホテルに宿泊しました。

鳥羽グランドホテルは少し古い建物ですが、この写真のように海を一望でき、ホテル内から海岸へ出られる通路もあり、とても楽しめました。バイキングなどで牡蠣を食べまくり…!普段は素食の私もバイキングだということで、とにかくいっぱい食べました。夜のバイキングは照明などもよかったです。ゆったりした雰囲気の中食べることができました。甥っ子二人は、まるで彼らが主役かのような態度でした。私もあれくらい小さい時、そんな感じだったのでしょう。甥っ子がいるということで、私も大人になった気分です。不思議ですね。時間が経つと、どんどん変わっていく。私の祖父、祖母などが、甥っ子と入れ替わりになる。そうやって時間が経つたびに、どんどん変わっていきますね。


その翌日、私が今までずっと行きたくていけなかったあの伊勢神宮へ…。伊勢神宮はあまりにも広いのですべて見て回ることはできませんでしたが、今まで来たかったこの伊勢神宮を両親と歩くことができただけでも満足です。

みんな歩きながら、疲れ果てていました。その後、志摩スペイン村 パルケエスパーニャというテーマパークに行ったのです。そして、1人5000円も…!高すぎますよね?ディズニーランドも行ったことがない私には、その値段の感覚っていうのもわからないのかも?そして、私はジェットコースターに生まれて初めて乗りましたが、目を開けた途端、気絶しそうだったのでずっと目を閉じたままでした。甥っ子の世話をしていると、まるで私がママになったような気分。本当に貴重な体験でした。

ちなみにテーマパークを英語で言うと、このようになります。
テーマパーク = "Amusement park" 

志摩スペイン村 パルケエスパーニャ
ルケとは、公園の意味。パークに近い音ですね。
エスパーニャはスペインの意味です。

みなさん、甥っ子っていう単語があるのをご存知ですか?
nephew [ˈnɛfyu] = 甥っ子 ネヒュゥー
niece [nis] = 姪っ子 ニース

これらはOXFORD3000単語ですが、単語自体が会話でとっさにでてこなかったときは以下のようにすぐに言い換えてみてください。

"son of my brother" = 兄の息子
"daughter of my brother"  = 兄の娘

これも出てこなかったら、

"child of my brother" = 兄の子供。(私はいつも日本語でこんな感じで言ってます)

このように咄嗟に1つの単語を分かりやすい単語で言う事は、いわゆるペラペラ、流暢に話せると同じようなことにつながります。  



ホテルからのサンセットは素敵でした。やはりよい景色が一望できる部屋はいいですね。おいしいゴハンと温泉、景色が揃っていれば、多少建物は古くても素敵です♪

最後に鳥羽グランドホテルに泊まった感想。
バイキングで、カキ(牡蠣)が食べ放題だったのにビックリ。建物は古いですが、部屋は改装されていて何も気になりません。接客態度も良好。ロビーからの眺望がすさまじく美しい。温泉も広くてよかったです。

20年前に家族旅行に行った記事。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」