2015/05/30

書いてみない?「5W1H」 で始める1行だけのシンプル日記

日記・または日誌を始めるのが結構難しいというより、億劫と感じている人が多いのではないでしょうか。毎日同じようなことを続けるのは確かに難しいです。しかし、それを続けることで色々な発見があることも確かです。
私は以前、英文の簡単な日記を30日間書いた記事を紹介したのですが、もしあれをみても続けるのが難しそうな場合は、以下の方法で初めてみてはいかがでしょうか。
「30日間、英語で日記を書いてみる」

以下の図の意味は、私は昨日お金を稼ぐために電車で会社に行きました。
かなり、ストレートな文ですが、英文を作ったり、自分の考えている意味を細かく説明できる力をつけるためにも、この例文にしました。一応、私のグル(先生の意味)でもあるアンドラというアメリカ人の親友にこのセンテンスを見せたら、あまり使わない言い方だけれど、文法的に合っていて、"5W1H"のサンプルとしては最高と言っていました。

5W1H例文
Who(誰が)I went to work by train yesterday to earn money. 
What(何を)I went to work by train yesterday to earn money. 
Where(どこで)I went to work by train yesterday to earn money. 
How(どのように)I went to work by train yesterday to earn money. 
When(いつ)I went to work by train yesterday to earn money. 
Why(なぜ)I went to work by train yesterday to earn money. 
なんだ、この図は?

つまり、この図のように書くルールだけ決めちゃえばいいのです。小学生のときだったかな?なんか、こんなの習いませんでしたか?"5W1H"これだけ毎日書いてみてはいかがでしょうか。すると、英文の雑誌を読んでいるときでも、なんとなく構造がわかってくるはずです。そしてどこを重点的に読めばよいのかなど、色々な発見にもつながると思います。そして、この文を書く習慣ができれば、あらゆることを説明することへの助けになるでしょう。ポイントは、やるか、やらないかです。この記事んでも実践しなければ、それほど意味がないのですから…。

上記の例文について。
毎日、学校や会社に行っている方が多いので、日記のサンプルはこのような例文にさせていただきました。

ここで、ちょっとお得な情報!"Yesterday"は、副詞なのでこのように配置できる場所が比較的自由です。
Yesterday, I went to work by train to earn money. 
I went to work yesterday by train to earn money.
I went to work by train yesterday to earn money.
ですが、まず上のフォーマットを頭に入れて、自分なりにアレンジした一行日記を作成してみてください。

ちなみに、ネイティブスピーカは、こういう表現をこんな風に言うそうです。
Yesterday, I took the train to work (to earn money).
というそうです。

ちょっと、オマケですが、主要言語で "5W1H" を覚えておくと、旅行に行ったとき、何かを質問する際に便利かもしれません。

中国語の場合
5W1H (English) 5W1H (Chinese Mandarin) 
Who(シェイとシュイを合体させた発音)
What什么(シェンマ。マはモのようにも聞こえ弱く発音)
Where哪里(ナーリ。ナーが声調あるので難しいかも)
How怎么(ゼンマ)
When什么时候(シェンマシーホウ)
Why为什么(ウェイシェンマ

コリア語の場合
5W1H (English) 5W1H (Korean) 
Who누구가ヌグガ)
What(ムォル)
Where어디에서(オディエソ)
How어떻게(オットッケ)
When언제(オンジェ)
Why왜(ウェ)



0 件のコメント: