2015/05/16

ブロードキャストという単語から英語を考える


まず、ブロードとはなんでしょう。
ニューヨークにはブロードウェイという道路がありますが。
ブロードウェイ=広い道です。簡単でしょう?
つまり、これを漢字化することができるとしたら、広路です。

ブロードっていろいろ使えるんですよ。私の好きな使い方を1つご紹介♪
"broaden my horizons."
これはどういう意味かというと、地平線を広げる。=視野を広げるという意味です。ものごとなんでも前向きに積極的に広げていきたいですね。


そして、キャストとは何でしょうか?
キャストは投じるという意味です。
どういう風に使われるのでしょうか。ブロードと同様に、キャストもOXFORD3000単語です。
She cast a welcoming smile in his direction.
彼女は歓迎の笑顔を彼の方にキャストした。

このように使えます。ちなみに、投じる。=投げるですよね?投げるは普通は、"throw" を使います。ですが、"cast" は小説などの文語で使うことができます。
The priceless treasures had been cast into the Nile.
ものすごく値打ちのある財宝はナイル川に放り投げられた…。
こんな感じで、ブロードキャストという単語を考えると色々な例文が思いついてきます。

で、ブロードキャストとは!?
ラジオとかテレビのプログラムのことを言います。ブロードキャストとは、そのプログラムを送信するという意味です。一つの場所から、複数の場所にキャスト(投げる)ことです。その範囲はとても
もし、ブロードキャストが漢字で表記できるとしたら、広投でしょうか!?つまり英語もそういうイメージなのです。なので1つの単語からこうやっていろいろ考えることもできますね。

ちなみに、私は以前、派遣社員としてあるテレビ局で働いていたことがありました。
「スポーツテレビ局の国際伝送コーディネーター」
ブロードキャストといえば、テレビなどラジオなどの曖昧なイメージだったかもしれませんが、本当はこういうイメージです。広く投げるようなイメージです)

私もある意味、ブロードキャストをしていますね。キャストは投じること。ブロードは広く。なので、ブログを書くことでブロードキャストしているということになります。

余談ですが、幼いころ、テレビを見ながらニュースのアナウンサーって私のことを見ながら話してるのかな?って思ったこともありました…。ニュースのアナウンサーが数万個もあるテレビの前で話してると勘違いしていたのです…。(笑)

こういう言葉ひとつとっても、色々英語がわかるようになります。今度、日本語の会話の中でブロードキャストと聞いたら、ちょっとこの言葉の本質を探ってみてください。

私は、自分自身の記事を振りまいています。

振りまく="scatter"

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

0 件のコメント: