2015/05/06

台湾語と中国語の違いは何ですか?

台湾語と中国語の違い

についてフェイスブック上で多くの問い合わせがあったので、記事を作成することにしました。

台湾とビジネスでやりとりをしていたり、台湾旅行に行ったりすると、台湾語という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか?実際、私はずっと台湾で話されている中国語は北京語だと認識していたので、どっちも中国語と呼べばいいのでは?と思ったりもします。

まず台湾で使用されている言葉は大きく2つに分けることができます。
国語→北京語とほとんど同じです。(ここでは歴史的な背景は割愛します)
台湾語→台湾人口の74.5%以上を話者とする言語。

なので、簡単に言うと、中国大陸のどこでも通じる共通語であるプートンファ(普通語)を覚えれば、

中華人民共和国
中華民国(台湾)
シンガポール
東南アジアの大部分(東南アジアの経済は華僑が握っていると言われています)
アメリカ・ヨーロッパ地区に住む華僑

で、あなたは活躍、または交流することができると言えいます。

ちなみに、台湾ではプートンファとは呼ばず国語と呼び、シンガポールや東南アジア(華僑の多いマレーシアを中心に)では、華語と呼びます。

普通語 [pǔtōnghuà] = 中華人民共和国での北京語をもとに作られた標準語の呼称。
国語 [guóyǔ] = 中華民国台湾での北京語をもとに作られた標準語の呼称。
華語 [Huáyǔ] = 海外に住む華僑の間ではこれを華語と表しています。

(中華人民共和国を中心に、青い点があるところは華僑が多く住むエリアです)

一方、台湾語の定義なのですが、
台湾語は、福建省南部で話されている閩南語(Bân-lâm-gú、Hokkien)から派生し、独自の発展を遂げた変種である。とウィキペディアでは書かれています。(For your reference)

つまり、台湾語は、たくさんの方言がある中国語(厳密に言うと、日本の大阪弁のような方言とは違い、他の言語と同様です)のうちの中の1つということです。

中国語=中国のすべての方言の総称
・北京語
・広東語
・上海語
・客家語
台湾語

この中の方言の1つとして、台湾語が存在すると考えてみればわかりやすいと思います。

ですが、最近は中華人民共和国を中心に、プートンファ(普通語)が普及しているため、
中国語=プートンファ(普通語)というイメージが定着しています。

ですが、上述しましたように中国語とは本来、中国語のすべての方言の総称です。しかも、その方言とは、方言というよりも、まったくことなる言語と考えていいでしょう。

そして、台湾の国語は、中国大陸での共通語であるプートンファ(普通語)と同じように、北京語をもとにして作られています。なので、固有名詞が違ったりするものもありますが、その違いは、

米語と英語の違いくらいと考えて全く問題ありません。

ですが、厳密な定義を理解していない、もしくは台湾を尊重して、台湾で話されている国語のことをわざわざ台湾語と呼ぶ人がいるので紛らわしくなっているのです。

私の以前務めていた台湾との取引が会社の運命を左右するような会社「電磁両立性試験の認証取得コーディネーター」では、台湾人の従業員が多く、台湾人の従業員がいないと困るような会社で、日本人の部長は台湾人の従業員を尊重して、わざわざ台湾の国語のことを台湾語と呼んでいました。

このように、あまり台湾に詳しくない人が本来の台湾語と中国語の違いを混同させる原因になっています。


(台湾のみなさま、その節は、本当にありがとうございました。<(_ _)>...

まず、ビジネスで台湾語はほとんど使われません。中華民国台湾の国語でもあり、そして中華人民共和国の共通語でもあるプートンファ(普通語)が、中華圏での共通語なのです。

台湾の国語と中国大陸のプートンファにはこんな違いも存在します。
書き言葉になると、使用する漢字が変わる。
簡体字(かんたいじ) [jiǎntǐzì]→中国大陸(戦後作られた簡略した漢字)
繁体字(はんたいじ) [fántǐzì]→台湾(本来の中国語の漢字)

上の写真を見ていただけるとわかると思いますが、台湾では繁体字が使用されています。これは特別行政区である香港でも同様です。

なので、私たち日本人にとっては、読み書きの場合、台湾で使用されている繁体字が見やすいということになります。ちなみに、この繁体字正体字とも呼ばれています。なぜなら、簡体字は戦後に作られた簡略された漢字であるのに対して、台湾で使用されているこの正体字こそが本来の中国語の漢字だからです。ですので、私は台湾で使用されている漢字は繁体字と言わず、正体字と呼ぶようにしています。

最後にまとめ。台湾語と中国語の違い
台湾語とは中国語にあるいくつかの方言のうちの1つ。
中国語とは厳密に言えば、すべての中国方言の総称。ですが、最近は中国大陸での標準語であるプートンファ(普通語)と、台湾の共通語である国語、そして華僑からみた世界の標準語である華語のことを表します。

こんな記事もオススメです。
「中国語をマスターすると、アメリカ人のような感覚になれる」
「中国の女性報道官「華春瑩」と、台湾総統「蔡英文」の中国語を比較」

2015年11月16日更新