2015/05/08

マルチリンガル、ガクトの英語、中国語、フランス語、韓国語の実力を検証

■ガクトの韓国語


あまり何を言っているのかわかりません。というよりも、発音がクリアではありません。ですが、この映像を見る限り、会話の文法を把握しており、悪くないレベルだと思います。そして、私が聞いても彼が何を言っているのかわかります。

おそらくガクト独特の低い声を出そうとして、それを外国語でもやっているので、この動画を見る限り、緊張もしていますし、自分でも何を言っているのかわからない状態になっているような感じもします。

そして、ガクトは韓国語が専門という方でもないので、そういう面から見て、十分なレベルだと思います。というよりも、十分すぎます。(笑)

このような場面で、韓国人と一緒に韓国語を話しているくらい度胸がある。そして、素晴らしいことだと思います。

■ガクトの北京語
 

台湾で放送された中国語のインタビュー。カット場面などあり、おそらく何かを読んでいるような感じもします。発音自体はきれいなのですが、四声がちょっとぎこちない気もします。

ちなみに、この北京語は台湾の発音にも聞こえます。サングラスをかけながら話しているので、あまり緊張感が伝わってきません。

中国語は少し慣れてしまえば、漢字が頭の中に浮かんでくるので、それを読んでいくだけの作業で大丈夫です。英語と違って、そこまで全く別の言語を頭の中で構築する必要がないので、それほど難しいとは言えません。ですが、ガクトの中国語の発音はきれいだと思います。

ガクトさんは、台湾語(ここでいう台湾語は台湾の北京語)を仕事を通じて勉強したと言っています。必死に、本などを読んでその時に必要な言葉などを習得されたそうです。

音楽活動もやりながら、外国語もできるとは尊敬しますね。おそらく、この方は、努力家なのでしょう。

■ガクトの英語


英語はちょっと怪しいですね?というよりも、疲れている?歌った後?緊張しているのかもしれません。おそらく、これは緊張によるものだと察します。この気持ちが私にもわかります。

いずれにしても、かなり緊張していると言えると思います。上にある韓国語や中国語のように、あの独特の低い声を出す余裕すらないように思えますね。

でも、発音はとってもきれいだと思います。


こちらは動画の一番最後の部分にあります。


リハーサルはしたという感じですね。あの独特な日本語の低い声を英語でもされているので、かなり大したものと私は見ました。(笑)

いずれにしても、上の緊張した英語の動画よりは、よくなっています。発音も、国際音声記号に沿っているような正しい発音なので、おそらくきちんと勉強されたのだと思います。

■ガクトのフランス語


発音がかなりいいのではないでしょうか?私はフランス語の国際音声記号と、頻出単語100しか勉強していないのでなんとも言えませんが、少なくても私が発したことのない発音をガクトさんは発音しているので、すごいと思います。

ですが、一方で、この記事をフェイスブックのフランス語を堪能としている方が集まるグループにシェアしてみたところ、このガクトさんのフランス語は吹き替えなのではないか?という書き込みが多数あり、もう一度きちんと見てみたところ、やはりこれはガクトさんの口から発せられたも のではありませんね…。



ということで、話題のこのCMをシェアいたします。直接ガクトさんがフランス語を話す映像は探せませんでしたので、ちょっと残念です。

と思っていたところ、またもや私のフェイスブック友達から、ガクトがフランス語を話している映像を紹介してもらいました。

YouTubeではないため、ブログ内で画面表示できません、よって以下のURLからご覧ください。
http://www.dailymotion.com/video/xnj9kb_tv-gackt-speak-french-in-saturday-night-chubaw-2009_fun

これでスッキリ。ちなみにこの動画でガクトは下ネタを話しているそうです。

以下はフェイスブックでシェアした時のコメントです。

田中さん
でた!私Gacktのそういうところが大好きです。ほんとに、超越した努力家ですよね。りょうこさんも。

龍一さん
え!そうなのですか?全く知らなかったですわ!!

市橋さん
確かにGACKTさんの発音は、
綺麗ですが、低い声なので、ちょっと聞き取りにくい気がします。でも、彼からは、大好きな音楽に対する強い情熱を感じました。

レッドローズさん
that's great

阪木さん
一つの言語(日本語以外)を習得すると、後はそう難しくないんですかねー

John
Haha, GACKT. He has some interesting songs, but as a person, to describe him as "a man with a few loose screws" is an understatement...

Tatsuya
ガクトはMALICE MIZER時代にフランスに良くいってたし、過去2度の結婚も金髪美人。語学力高いだろうけどテレビでみえない性格がねぇ〜

武藤さん
youtubeはほんとにびっくりしましたw ローラの英語の発音もいいですよね。

Kobayashi さん
GACKT さんは、数カ国語を操る上杉謙信だったんですね。 尊敬します。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」

1 件のコメント:

河村里津 さんのコメント...

GACKT良いですね。
あの気障な態度だけだと嫌ですが、多彩な才能と偶に見せる茶目っ気がある事で、何か憎めないキャラですよね。
個人的にはビジュアル系音楽?も好きですね。