多言語を操るマルチリンガールりょうこが世界の情報やお得なお仕事情報などをお届けします♩

guarantee / warranty 意味の違いと語源




ギャランティーとワランティー。なんか名前まで似ています…。

まず、覚えておなければならないのは、
①"guarantee"OXFORD3000単語であるということです。つまり、"warrant" より優先度が高い単語です。これは、"pledge" という誓いの単語のニュアンスが強く入っています。

There's no guarantee that she'll come
He gave me a guarantee that it would never happen again.

名詞の"guarantee" は、OXFORD3000単語なので必ず覚えましょう。

②"warrant" = 保証期間
これらすべての概念は、カバーするという意味です。つまり製品のことにしか使えません。そのほかにも、
新株予約権
令状
の意味などもあります。

"weir" という単語から来ていることがわかればイメージがつかめます。このような語源の感覚が一番大事になってきます。このようにそれぞれの単語が昔から存在した何かと繋がっていることが鍵です。

堰(せき)日本語でこんな言葉聞いたことありますか?(For your reference)



こんな英単語私は初めてみましたが・・・。つまり、カバーするという意味になるのです。私もこの記事を書きながら、普段意識もしたこともない堰(せき)という日本語を英語に訳すと、"weir" だということを初めて知りました。

こんな記事もオススメです。
「複数言語を操るマルチリンガルになるためには?」


guarantee / warranty 意味の違いと語源 guarantee / warranty 意味の違いと語源 Reviewed by よこいりょうこ on 5月 18, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.