2015/06/19

economical / frugal / thrifty の違い

私はあまりカフェに行くのが好きではありません。それは都内の駅前のうるさくて狭いカフェに行くのがお金の無駄としか考えてこなかったためです。26歳まで、私はこんな風にカフェが大っ嫌いでした。26歳に韓国の大学から日本に戻ってきて英会話交流などでたくさんのカフェに行くようになって、カフェで過ごす時間が好きになりました。

(写真は東京タワーからみた私の大好きな丸の内の写真)

カフェにいると、ほかにも人がたくさんいるので、見られているような気がして、勉強がはかどります。やらなきゃ。やらなきゃって…。

私は東京で友人と会うとき、特に外国人と会うときは、あまりカフェには行きません。東京駅で待ち合わせして、パブリックスペースで話したり、また違うパブリックスペースに移動したりして、運動しながら、場所を移動します。ここでいうパブリックスペースとは、簡単に言えば無料で座れるところです。

しかし、なぜかこういうパブリックスペースで過ごすことが、日本人の友達と会うときに通用しないことがあります。

通用しないとは?
つまり、日本人の友達と会うときはたいてい、いつもカフェに行きたがるので・・・。私がフルーガルすぎるのでしょうか?いや、スリフティでありたいです…。ところで、スリフティとフルーガルの違い。いつも思ってたのですが…。何なのでしょう?

ここで、これらの単語の区別を解説したいと思います。
"economical" この3つの中で最も基本的な言葉。これが使えればOKです。
この単語は、以下の②と③とは違い、お金以外に時間などにも使えます。時間を無駄にしないとか。

この2つが似すぎていて厄介なのです。
"frugal" 可能な限りすべてのものを少し使用する。 "fruit"から派生。
"thrifty"水や、エネルギー、お金などを浪費しない。"thrive"から派生。これはよい意味で使われますチャリティ・ショップなどという言葉も、スリフティ・ショップともいいます。"thrive" は繁栄するという意味です。
(なぜこの写真なのかわかりませんが、私はこのページにこの写真を選びました…)

私が解釈したところでは、②フルーガルと③スリフティの違いは、
"frugal" とにかく必要なもの以外は買わないというイメージ
"thrifty" 将来の為などに賢く節約するようなイメージ。"thrifty" には "wise" という賢いニュアンスがあります。

さて、あなたはフルーガル、それともスリフティ!?私は結構フルーガルです。一方、"thrifty" でもありますが…。

以下は、フルーガルな私が都内でパブリックスペースとして使う場所
①新丸の内ビルの3階のソファ
東京駅前にある新丸ビルの3階あたりには、ホテルのラウンジのような豪華なソファがいくつもあり、私はそこで、リラックスした雰囲気で友達と話します。そこは高級ホテルのような雰囲気です…。そこで横たわりながらリラックスるのが好きです。

②丸の内オアゾの一階にあるテーブル
ここはよく使っています。

③JPタワーの一階のテーブル
結構テーブルが置いてあります。

④有楽町の国際フォーラムの地下
ここは夏は涼しく避暑地となり、冬は温まりながら、広々としたベンチで会話できるのでとても便利です…。

⑤ランドマークタワー内のベンチ
クイーンズスクエアにもベンチがたくさんあって、寛いで会話ができる場所がたくさんあります。

⑥パシフィコ横浜のテーブル
ここは横浜駅、桜木町駅から離れているということもあり、人が少ないです。ほぼ貸し切り状態でテーブルなどを使用できます。

Etymology (英語の語源関連記事)」に戻る