新しいタイプのプロパガンダ!?多言語話者マルチリンガールが世界のレア情報を発信していきます♪

「ブールバール」って何?広島の平和通りのような並木道を英語で表現するには?




英検1級を所持している翻訳家の友達も知りませんでした…。

ある意味、英検1級もコツで覚えられる可能性があるという事でしょうか??

このパリのシャンゼリゼ大通りのように、まっすぐ直線で、横幅の広い道路は東京にはありませんよね…?私はこういう"boulevard" がとても好きです。→赤い部分がアクセント。

ちなみに、略語(abbreviation)は、 "Blvd." です。

これはOXFORD3000単語ではありません。ちなみにこの記事を作成している途中に、検索などで見つけたのですが、カタカナ英語ではブールバールというらしいです…。

発音は英語とは全然違いますので…。ちょっと厄介ですね。

広島の平和大通りなんかはまさに、"boulevard" です。とても幅のある並木通りはこれでいいのです。ですが、もっと厄介なのが英語には道がたくさんあることです。


OXFORD3000単語に含まれるものをざっと数えると


road→道のこと全てを言います。
lane車線。シーレーンのように海の道にも使える。並木道は"lane"で構成されている。
street街の道路。
avenueOXFORD3000単語外。表参道のような並木がある通り。"boulevard" ほど幅は広くない。

これらの違いは、別の記事でハッキリ考察してみました。是非ご覧ください。

「way / street / road / avenue / boulevard / lane / path / track / alley の違い」


ちなみに以前、記事でも書きましたが、中国の東北地区にある都市長春には昔の日本人が作った"boulevard" が今でも生かされています。

大阪の御堂筋よりも、直線で横幅が広く、いかにあの当時、満州の都市建設に日本列島の税金をたくさん費やしてまで、パリなどに負けない都市を作っていたのかがわかります。

また、ドイツの中でも日系企業がめちゃくちゃ多い都市でもあるデュッセルドルフには、パリのシャンゼリゼ大通りよりも、横幅の広い ケーニヒ通りというのもあります。

写真は以下の記事で掲載したことがありますが…。



ちなみに、広島の平和大通りはそのまま英語で、ブールバールと呼んでいます。バールってところは英語とちょっと発音が違うんですけどね…。(;^_^A


それにしても、東京にもこのような並木道が欲しいものですね。東京都国立市にある、大学通りくらいでしょうか?関東で印象的なモノと言えば…。

ちなみに、この単語は、もっと遡ってみると、"bulwark" だったことが判明。

"boulevard"以外は、定義が曖昧なものもあり、その国や都市によって違ったりする場合もあるので、日本語へ完全に解釈するのは難しいというのが私がこのことを調べた感想です…。

いずれにしても、これを機に、この単語は覚えちゃってくださいねー(*´ω`*)


こんな記事もオススメです。
「世界では常識?日常英会話の90%以上は、OXFORD 3000単語だけで十分な理由」
「20歳から英語の勉強を10年間も続けている理由と、そのメリット」
「スマホ英語、無制限サービス(通話授業つき)/ English Mentor (英語メンター)」
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」



「ブールバール」って何?広島の平和通りのような並木道を英語で表現するには? 「ブールバール」って何?広島の平和通りのような並木道を英語で表現するには? Reviewed by よこいりょうこ on 6月 22, 2015 Rating: 5

0 件のコメント:

MULTILINGIRL. Powered by Blogger.