2015/06/16

"holiday" と "vacation" の違い。そして、"vacation" の本当の発音

こちら、①②はOXFORD3000単語ですので、必ず覚えてくださいね。
①"holiday" = 祝日の意味です。 "holy" から来ています。国民の祝日なんてまさにこれです。"holy"は日本語に訳すと神聖なの意味です。つまり、神や宗教に関するという意味です。どこの国も祝日などは何かの宗教絡みであることがほとんどです。"holy" OXFORD3000単語ですので完全に覚えましょう。"holly"にスペルが似ていますが、発音も若干違います。このような発音の違いを確実に理解するにはやはり国際音声記号の理解が必須ですね。


(写真は、OXFORD3000単語以外の"holly"です。)

"holy"には使い道があります。(OXFORD3000単語なので覚えてほしいのです…)
なんてこった!(驚きや恐怖・不快感を表す表現。)主に男性に使われる俗語。として使えます。
聖なる牛でそういう意味になるそうです。

②"vacation" = アメリカ式? "vacant" から来ています。つまり空いている日という意味でしょうか。飛行機に乗ったことのある方ならわかると思いますが、飛行機のラバトリー(トイレ)に入るドアをみると、"occupied" か、"vacant" かどちらかが表示されています。空いているときは、"vacant"

これらの違いにはあまり気を使わなくても私はよいと思っています。ですが、私はどちらが好き?と聞かれたら、"vacation"  と答えます。私はなぜ、"vacation" を使うのがすきなのか、それは発音が好きだからです。同時にこれはみなさんできていない発音でもあるのですよ?案外・・・。  


この発音パターンと似た単語は存在するのか?とアメリカ人の友達であるアンドラに尋ねたところ、"aviation" [ˌeɪviˈeɪʃn]  なども同時に覚えられて一石二鳥です!が彼女的に一番ピンと来る単語だったそうで、それ以来私もこの"vacation"  を聞くと、 "aviation" まで思い出すようになりました。

この単語は使い道はあまりないように思ったのですが、私が韓国に留学していたころ、よく遊んでくれた5歳くらい年上?の男性は、ちなみにアンドラと3人でよく遊んでいました。その彼はあの韓国でもソウル大学校よりも難関校と言われるKAIST(韓国科学技術院)出身で、とても気が利く、頭の良い人でした。韓国では留学して帰ってくる人と、留学をしないでそのまま韓国でずっと生活している人との雰囲気は全然違います。日本でもそうですが…。

"He works in the aviation industry."


ちなみに、この動画で私はバケーションと言ったら、ロケーションという単語がでてきました。ベイケーションという単語を発したら、きちんと、"vacation" という単語がでてきました。

英語圏で職場で休暇をとるときは、"take a leave" だそうです。私もこの動画撮影を通して、ますますペラペラに近づくかも!?(笑)

「国際音声記号 "International Phonetic Alphabet"に戻る

0 件のコメント: