2015/06/28

"Quality above Quantity" 量より質。いつも忘れがちな私

"Quality above Quantity"

この言葉の意味を、私のブログで考えてみることにします。

私は2014年12月にマルチリンガールを誕生させて以来、ブログを書くことに専念していました。パソコンの中に残していた日記などをブログで日付を合わせながら投稿。どんどん投稿していきました。なぜなら、どこにどの記事があるのかすぐに把握できるためです。そして、それらをリンクして繋ぎ合わせていけば頭の中でゴチャゴチャしていた記憶の整理にとても役立つと思っているからです。

私自身、いつ自分の身に何が起こるのかわからないと思い、そして一度きりの人生ということもあり、殻に籠らず、知らない人、今まであった人たちみんなに私の体験談、そして考え方を公開したいと思って、こんなに記事も増えています。

そして、大体半年くらい経ちました。ブログにアドセンスという広告なんかをつけたり、"html"なんていうよくわからないものを、他のホームページで、見よう見まねで頑張ってみたり。今年、私は本当にブログを頑張っています。

そして、私はいつもこの"Quality above Quantity"  という言葉を思い出すのですが、なかなかそうはいきません。とりあえず500記事は作ってしまいたいという考えが先行してしまっていて…。それから記事修正、もっと見やすい写真の入れ替え、著作権などを侵害しないように、かならず著作権フリーの写真だけをグーグル検索で絞って検索する。など

そういうときに、私はこう考えることにしたのです。ある意味イメージを私の頭の中に入れていかないと、私の行動に反映しないことが多いので…。

ルクセンブルグと中国ってどっちが印象いいでしょうか?

ルクセンブルグは、一人あたりのGDPで世界ナンバーワン。それは金融が発達しているからということもありますが…。

中国のGDPは現在、世界第二位ですが、たくさんの問題を抱えています。

(これがルクセンブルグの中心地です。本当に長閑なのですが、生活の質は高いようです)

この二つの国家を表面上だけで語るのは難しいですが、私はこのようなイメージを頭に入れることによって、今後、ブログの質の向上に努めていきたいと思っています。

こんな記事もオススメです。
「多言語話者、マルチリンガルになるための勉強法とは?」

「マルチリンガールの疑問、提案、オピニオン」に戻る

0 件のコメント: